BOOM BOOM SATELLITESが最後の作品となる新作『LAY YOUR HANDS ON ME』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

1997年に〈R&S Records〉からデビューして以来20年近く第一線で活動を続けてきたロック・バンドBOOM BOOM SATELLITESが、6月22日に新作『LAY YOUR HANDS ON ME』をリリースする。本作にはTVアニメ「キズナイーバ―」のオープニング曲として起用が決定しているタイトル・トラックを含む4曲が収録される。
BOOM BOOM SATELLITESにとって本作は最後の作品となる。その理由はメンバー川島道行の脳腫瘍による麻痺などの後遺症。もう一人のメンバー中野雅之は、本作と川島について次のように語っている。

これがBOOM BOOM SATELLITESの最後の作品になります。理由は川島道行の脳腫瘍による麻痺などの後遺症です。現在、川島道行はミュージシャンとしての役割を終えて家族と共に穏やかな毎日を過ごしています。
この作品は4曲、約22分。祝祭と終焉、静けさ、そして新たな始まり。
まるでこのバンドの生涯を22分で描ききったような壮大で美しい作品に仕上がったと思います。

EP『LAY YOUR HANDS ON ME』からはそのリリースに先駆けてタイトル・トラック「LAY YOUR HANDS ON ME」のMVがGYAOにて公開されている。MVをディレクションした関和亮が本MVに寄せたコメントは以下のとおり。

MVを制作する時間が今まで感じたことのない掛け替えのないものになりました。
BOOM BOOM SATELLITESのお2人と自分をはじめ制作フタッフの想いが詰まったビデオになっています。最後まで見てください


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon