音楽のマジックを呼び醒ませ。インディ・ロックの至宝、Deerhoofの新作をディグる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

unspecified-1

 
Text by Satoru “Teshi” Teshima
 

オンガクに縛りプレイはいらない。20年以上、パンク精神で独自のポップワールドを築いてきた唯一無二の4人組、ディアフーフ。『The Magic』と名付けられた待望の新作アルバムが今月8日に日本先行&ボーナストラック付きでリリースされる。

ドラムのグレッグ・ソーニアによると、今作には「音楽が魔法だった頃、僕らが子供の頃に好きだった頃に鳴っていたオト」が詰まっている。ジャンルも、肩書きも、レコーディングのためのスタジオも、関係なし。なにかルールがあるとすれば、4人そろって出来るだけデカい音を出すということだけ。

Deerhoof – Plastic Thrills | 『The Magic』収録

 

ニュー・メキシコの砂漠にぽっつり残され、見捨てられたオフィスを借りて、『The Magic』のレコーディングはスタートした。サトミがボーカルじゃなくても結構。誰がどの楽器を弾いてもOK。パンク、ポップ、ヒップホップ、グラム・ロック、果てはR&Bまでジャンルに縛られることなくロックの衝動を生々しくパッケージし(制作にかけた日数はなんと7日間のみ!)、まさに4人だけにしか作り出すことができない、自由で摩訶不思議なディアフーフワールドが爆発している。

自分自身の影にビビる感じ」とディアフーフ自身が評価する変態ブードゥーポップM12「Debut」、乱痴気騒ぎなパンチドランク・ロックンロールM13「Plastic Thrills」、チープなシンセサウンドとドリーミーなメロディーで宇宙の果てまで連れて行かれそうなM6「Model Behavior」、「パンダパンダ」「ポテトチップポテトチップ」を上回るアホさ加減(褒め言葉です)を誇るM15「Nurse Me」。『The Magic』に収録される幾つかのトラックは、元々はマーティン・スコセッシがエグゼクティブ・プロデューサーとして務めるHBOのテレビシリーズ『Vinyl』のために執筆されたという。

Deerhoof – Debut | 『The Magic』収録

 

アルバムごとにスタイルやサウンドが更新されるディアフーフだが、果たして今回のアルバムはどのような意図をもって作られたのだろうか。グレッグはこう語る。
 

「意図によってサウンドが変わるわけじゃないんだ。それは偶然が引き起こすことなのさ。」

 

Deerhoof – Criminals of the Dream | 『The Magic』収録

 
常に変化し続けること、またそれをファンが当たり前のものとして捉えていること。これはバンドにとって相当なプレッシャーではないのだろうか。そんなの愚問だと言うかのように、グレッグはこう答える。
 

「自分自身を変えようと思うプレッシャーは、どんなプレッシャーのなかでも一番最高のものなんだ。」

 
どんなリスクも挑戦もマジックポイントとして吸収し、いままでになく楽しく、デンジャラスで、エキサイティングな音楽を奏でるディアフーフ。既に今年12月には2年ぶりとなる来日公演も決定している。いつになく強大なマジックがステージ上で生まれる瞬間に、ぜひ期待したい。

 

DEERHOOF “The Magic Japan Tour 2016”

※最速先行予約も受付開始※
6/7(火)20:00~6月27日(月)23:00 http://l-tike.com/deerhoofticket/

12/14(水) 東京 UNIT OP/ST:18:00/19:00
Guest : TBA
info: UNIT 03-5459-8630 http://bit.ly/ZjwfO4

12/15(木) 京都METRO OP/ST:19:00/19:30
Guest : TBA
info: Metro Tel:075-752-4765

12/16(金) 大阪Shangri-La OP/ST:18:30/19:00
Guest : goat
info: Shangri-La 06-6343-8601

12/17(土) 名古屋Tokuzo OP/ST:18:00/19:00
Guest : ミツメ
info: Tokuzo Tel 052-733-3709

12/18(日) 静岡 FREAKYSHOW OP/ST:18:30/19:00
Guest : younGSounds
info : Freakyshow 054-273-5588

チケット代:前売り¥4,500(税込/D別) 当日¥5,000(税込/D別)
8/27(土)プレイガイド一般発売

DEERHOOF / The Magic
ディアフーフ / ザ・マジック

2016.06.08 on sale
PECF-1135 felicity cap-252
定価:2,100円+税
※日本先行発売+ボーナストラック2曲付き

1. The Devil and his Anarchic Surrealist Retinue
2. Kafe Mania!
3. That Ain’t No Life To Me
4. Life is Suffering
5. Criminals of the Dream
6. Model Behavior
7. Learning to Apologize Effectively
8. Dispossessor
9. I Don’t Want to Set the World on Fire
10. Acceptance Speech
11. Patrasche Come Back
12. Debut
13. Plastic Thrills
14. Little Hollywood
15. Nurse Me

̶Bonus Track̶
16. Debut(DEMO)
17. Acceptance Speech(DEMO)

felicity store
「The Magic」CD+”加賀美健”さんイラストTシャツ
¥4,000+税
サイズ M, L
※特典:未発売楽曲”Kuma kita”のダウンロードコード
http://store.1fct.net/

タワーレコード「The Magic」CD特典
ジャケットステッカー
※”「There’s that grin」 Death by Audio November 2nd 2014″のダウンロードコード付き

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon