Ben Lukas Boysen ―ベルリン在住のサウンドクリエイター、ベン・ルーカス・ボイセンが響かせる緻密で繊細なピアノサウンド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Ben-Lukas-Boysen-press-photo-by-Claudia-G-dke_01_PRINT_cropped
(Photo by Claudia Gödke)

 

 
Text by Okadanaoko
Edited by Satoru “Teshi” Teshima

 
―それは枯れ果てた色味のない荒野か、はたまた壮大な宇宙か

柔らかく響くピアノの音に、そっと絡み合う弦楽器たちが倍音を無限に広げていく。機嫌を伺うようにデジタルサウンドが姿を現したかと思うと、それらは絶妙なバランスを保ちながら私たちにドラマチックなストーリーを見せてくれる。どこまでも続く色味のない荒野が眼前に広がったかと思うと、次の瞬間には壮大な宇宙空間に投げ出されたような感覚に陥る。ベン・ルーカス・ボイセンが紡ぐ音の世界には、孤独を優しく包み込んでくれるような魅力がある。

Ben Lukas Boysen – Nocturne 4 | 『Spells』収録

 

日本においてはまだ耳新しい人も多いであろう、ベン・ルーカス・ボイセンはドイツ・オルデンベルグ出身で、現在はベルリンを拠点に活躍するアーティストである。彼は2003年からHECQ名義で活動し、アンビエント/ブレイクコアなどの作品を9枚リリースしている。
またサウンドデザイナーとしても活動し、『Amnesty International』や『Marvel Comics』など多くの企業の映画/ゲーム/アート用のサウンドも手掛けるなど、マルチに活躍している。

 
オペラ歌手の母と俳優の父をもつ彼は、7歳からクラシックピアノとギターの教育を受けて育った。16-17歳の頃に、近所のレコード屋でオウテカなどのアンビエントミュージックに出会い作曲を始めたが、音楽に囲まれて育った彼ですら、そういった音楽を作ることは容易ではなかったという。少ない機材で試行錯誤しながら実験を重ね、一から独自に音楽を構築し、音と音をつなぎ合わせてきたからこそ、彼にしか魅せることのできない独自の美学が楽曲のなかに光っていることも納得だ。

Ben-Lukas-Boysen-photo-001_banner2_1

「今後誰に聞かれても、これが本当のピアノだと答えるよ」―ニルス・フラーム

そして今回〈Erased Tapes Records〉より、約3年ぶりのアルバム『Spells』がリリースされる。
ミックスとマスタリングをニルス・フラームが担当。フラームは本作について「今後誰に聞かれても、これが本当のピアノだと答えるよ」と評価している。ポストクラシカルを代表するアーティストである彼の言葉のとおり、今作は木と弦からなるピアノがもつ、本来の温かみ、そしてくぐもった響きがより生かされた仕上がりとなっている。またコンピレーション・アルバム『Late Night Tales』の1曲目に彼を抜擢したジョン・ホプキンスも、今作について賞賛の声を寄せている。

Ben Lukas Boysen – Golden Times 1 | 『Spells』収録

 

「何かの始まりのように鳴り響いた、静けさとデリケートさを持ち合わせた作品。音の暖かさと深さはいつも私を魅了する。」 ― ジョン・ホプキンス

身体の底に響く高圧な重低音から繊細なピアノサウンドまで、あらゆる音を変幻自在に操るベン・ルーカス・ボイセン。『Spells』は彼の多面性において、最も繊細な部分がさらけ出されていると言っても過言ではない。プログラミングされたピアノ音の断片と、ライヴやインプロヴィゼーションで演奏された楽器のサウンドが融合するさまは、聴く者の心情によって、さまざまな景色へと姿を変える。

Ben Lukas Boysen – Sleepers Beat Theme (Late Night Tales: Jon Hopkins)

 

そして今回『Spells』のリリースにあたり、2013年にリリースの前作『Gravity』が同じく〈Erased Tapes Records〉より再リリースとなる。優しく耳を撫でるピアノサウンドに乗せた彼の淡い想いを、ぜひ手に取って感じてほしい。静かに目を閉じれば、これまで見たことのない風景が瞼の裏に広がっていくだろう。

Ben Lukas Boysen – Nocturne 1 | 『Gravity』収録

 

アーティスト : Ben Lukas Boysen (ベン・ルーカス・ボイセン)
タイトル : Spells (スペルス)
品番 : AMIP-0078
発売日 : 2016年6月12日
フォーマット : 国内流通仕様CD
価格 : 2300円 + 税
レーベル : Erased Tapes
流通 : インパートメント
ジャンル : ポストクラシカル/エレクトロニック
バーコード : 4532813340784
■日本流通盤のみボーナストラック”Evensong”のDLクーポン付き

アーティスト : Ben Lukas Boysen (ベン・ルーカス・ボイセン)
タイトル : Gravity (グラビティー)
品番 : AMIP-0077
発売日 : 2016年6月12日
フォーマット : 国内流通仕様CD
価格 : 2300円 + 税
レーベル : Erased Tapes
流通 : インパートメント
ジャンル : ポストクラシカル/エレクトロニック
バーコード : 4532813340777
■日本流通盤のみボーナストラック”Fremd in der Fremde”のDLクーポン付き


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon