6月13日発売の『ギター・マガジン 2016年7月号』はプリンス追悼特集

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

本日発売したギター専門誌『ギター・マガジン2016年7月号』は、4月21日に57歳の若さで急逝したPrinceを特集。彼がプレイした愛用モデルの数々を軸に、“殿下のギター愛”について徹底的に掘り下げる。

● Special Program
プリンス 殿下のギター愛
殿下、崩御−−−世界的スーパースターであるプリンスが4月21日、アメリカ・ミネアポリス郊外の自宅で死亡していたことが明らかになった。享年57歳。数多くの楽曲をヒット・チャートに送り込み時代の寵児となった80年代、過去の栄光にとらわれることなく新たな創造性を爆発させた90年代、そして自身のルーツであるブラック・ミュージックと向き合い音楽性を深化させていった2000年代……いつの時代も殿下の腕には、常に“ギター”が抱かれていた。マッドキャット、クラウド・ギター、シンボル・ギター……観る者の感性を刺激する個性的なルックスと聴く者の心に爪痕を残す独創性に溢れたプレイを支えた愛用モデルの数々を軸に、“殿下のギター愛”について徹底的に掘り下げていく。

□ HOHNNER TG-490 Mad Cat
□ CLOUD GUITAR
□ SYMBOL GUITAR by Schecter Custom Shop
□ GUS GUITARS G1 Purple Special
…and more!

sub1
sub2
sub3
sub4
sub5

● Special Program
Guitar Magazine Championship vol.9
今年は2年ぶりに、第9回となるギター・マガジン誌上コンテストの開催が決定! 課題曲を作ってくれたのは、圧倒的ロック・サウンドで突き進むバンド9mm Parabellum Bulletのギタリストであり、コンポーザー/プロデューサーとしても数々の作品を手掛ける滝 善充だ。今年は従来の“完コピ部門”は設けず、“クリエイティブ部門”の一本勝負。BPM=195で疾走する「Z」と、同じくBPM=195のハード・サーフ・ロック「Atelier」の2曲に、オリジナリティ溢れるギターを叩き込んでほしい!

● The Instruments 1
歪み界最大のミステリー!? トーンベンダー系ファズってなんだ?
ファズ・ペダルの三大巨頭といえば、ファズ・フェイス、ビッグ・マフ、そしてトーンベンダーだろう。その中でも一番早い65年に生まれたのがトーンベンダーだが、この名機はマニアの間でもなかなか正体のつかめない、ファズ界最大のミステリアスな存在として語られている。複数のバージョンと派生モデルの存在、激しい個体差、現存する最初期モデルの少なさ……これらが重なり、“トーンベンダーとはこれなり”という基準があやふやなのだ。現在のファズ・ペダル・シーンを見渡してみると、トーンベンダー・モチーフのペダルは少なからず存在しているが、果たしてそれらはどんな構造なんだろう? そして、どんな音なんだろう? そんな疑問を探るのが本特集だ。トーンベンダー系ファズの愛用者であり、オリジナル機の知識もある越川和磨(THE STARBEMS、ex.毛皮のマリーズ)をナビゲーターに迎え、試奏音源とともにその謎を探っていこう。トーンベンダーってなんだ? そして、“トーンベンダー系ファズ”って一体なんだ?

sub6
sub7

● The Instruments 2
イチから始める! コンプレッサー・コンプリート・マニュアル
みなさんはコンプレッサーを使ったことはありますか? “いまいち使い方がわからない”、“使うとギターが上達しない”、“あってもなくても変わらないでしょ”なんて思っているそこのあなた。今すぐこの特集を読みましょう。コンプレッサーのマイナス・イメージを払拭する実践的な使い方がわかるはずです。今回はLOSTAGEなどのレコーディング・エンジニアやACOのサポート・ギタリストとしても活躍する岩谷啓士郎を招き、実用的な7通りのノウハウ・セッティングを紹介します! さらに、今さら聞けない“コンプQ&A”や“コンプ名盤紹介”といったミニ・コーナーも掲載。では、イチからコンプレッサーの知識を深めていきましょう。


● 名手直伝!誌上スペシャル・セミナー
常識を打ち破れ! JUON流ダンス・ロック・イズム
国内外の凄腕ギタリストにその技を直伝してもらおうという誌上スペシャル・セミナー。今回は、自身のバンドFUZZY CONTROLでの活躍はもちろん、スガシカオや稲葉浩志のサポート・ワークでも注目を浴びるJUONが登場! ギター・ロックとEDMをミックスしたアルバム『CHANGE THE GAME』をリリースしたばかりの彼に、“ROCK×FUNK”と“ROCK×EDM” という二つのテーマでリックを紹介してもらおう。常識に囚われない自由奔放なギター・ワークを、聴いて/弾いて体感すべし!

● Special Program
ジョージ・ハリスンのオールローズ物語
今月登場したギタリストのペダル&ボード

● Interview & Gear
□ 堂本剛
□ はちみつぱい
□ アンドリュー・ラティマー(キャメル)
□ never young beach

● Interview
□ ART-SCHOOL
□在日ファンク
□ミツメ
□ギターウルフ
□ HEY-SMITH
□ cinema staff

● GM SELECTIONS
「ブラック・ナイト」ディープ・パープル
「SHININ’ YOU,SHININ’ DAY」Char


《雑誌》
『ギター・マガジン 2016年7月号』
□表紙:プリンス
□定価:980円(本体907円+税)
□仕様:A4変型判/260ページ
□発売:2016年6月13日
□発売:リットーミュージック
商品詳細 http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/
ギター・マガジンWeb http://rittor-music.jp/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon