「All Tomorrow’s Parties」が経営難から終了

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon
ClE_-F5WYAA8j9a

アーティストがキュレーションを担当するというユニークなスタイルのもと、世界各国でイベントを開催してきた「All Tomorrow’s Parties」が経営難により終了する。7月にアイスランドで開催される予定だったイベントは中止となる。2ヶ月前にはDrive Like Jehuがキュレーションを務めていたイベントを財政的問題からキャンセルしていた。
1999年にロンドンからスタートし、資金繰りで苦労しながらもスポンサーに頼ること無く活動してきた「All Tomorrow’s Parties」は、日本には2011年に初上陸し、「I’LL BE YOUR MIRROR」(ATP同様The Velvet Undergroundの曲名からとられている)と題して、Godspeed You! Black Emperor、Boris、灰野敬二、Dirty Three、MELT-BANANA、BOREDOMS、Fuck Buttons、envy、Autoluxという国内外のコアなアクトが共演した。翌年にも「I’LL BE YOUR MIRROR TOKYO 2012」と題して開催が予定されていたが、こちらは残念ながら会場とアーティストの調整がつかなかったため一旦の中止が発表された。(via Setreogum, The Quietus)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon