ナッシュビルのグランジ・ポップバンドDaddy Issuesが日本デビュー・アルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Daddy Issues_ アー写

Daddy Issuesが日本デビュー・アルバム『Can We Still Hang』を7月6日にリリースする。Daddy Issuesは、Jenna Moynihan(G&Vo)、Jenna Mitchell(B)、Emily Maxwell(Dr)の3人が2014年1月に結成したナッシュビル出身のグランジ・ポップバンド。地元〈Infinity Cat Recordings〉のSoundCloudで公開したデビュー曲「Ugly When I Cry」の再生数は、これまでに35万回を記録している。昨年には、Casey Weissbuchプロデュースにより、Veruca SaltとTaylor Swiftからインスピレーションを得たというデビュー・カセット・アルバム『Can We Still Hang』をリリース。SXSWで彼女たちのライヴを見て気に入ったというTacocatともツアーで共演した。
今回リリースされる日本盤の『Can We Still Hang』には、White Reaperとのスプリット7インチに収録されていた「Drop Out」がボーナス・トラックとして追加収録される。

Artist: Daddy Issues(ダディー・イシューズ)
Title: Can We Still Hang(キャン・ウィー・スティル・ハング)
Label:2670records

Tracklist:
1. UNICORNS & RAINBOWS
2. VERONICA
3. THE BRUISE
4. BLUE HAIRED BOY
5. CREEPY GIRL
6. UGLY WHEN I CRY
7. OUT TO LUNCH
8. SHITTY WORLD
9. DROP OUT (Bonus Track For Japan Only)

*デジパック仕様
*日本盤ボーナストラック1曲収録(全9曲収録)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon