Appleが申請していたコンサート中の撮影を制限することも可能な赤外線技術の特許権が承認される

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon
apple-patent

数年前にAppleが申請していたコンサート中の撮影を制限する技術の特許権が承認されたとPitchfork等が伝えた。
これはカメラに赤外線を検出させ、外部からデバイスの機能に影響を与えることが出来る技術で、コンサート会場での観客の撮影を制限したり、博物館の展示物の前で作品情報を表示させたりと、様々な応用が効くという。
Pitchforkが指摘するように、Appleを含む多くの企業は数多くの特許を出願しているがその全てが実際に製品に取り入れられるとは限らない。ちなみにPitchforkがAppleに今回の件について問い合わせたところ、同社はコメントを避けたという。


(14:15): タイトルを修正


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon