やくしまるえつこが遺伝子組み換え技術を用いて制作した「人類滅亡後の音楽」が「KENPOKU ART」のテーマソングに

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

YakushimaruEtsuko_asha_1200

2016年9月17日(土)~11月20日(日)まで茨城県北地域6市町の海と山を舞台に開催される国際芸術祭「KENPOKU ART 2016 茨城県 北芸術祭」。やくしまるえつこが手がけたこの芸術祭の公式テーマソングの概要が発表された。
「人類滅亡後の音楽」というコンセプトが掲げられた今回のテーマソングは、人類の歴史と音楽、遺伝子とDNAとの関係性の類似に着目するところからスタートした。やくしまるは、「KENPOKU ART」開催地付近にも生息するらん藻(シアノバクテリア)の一種である微生物「シネココッカス」の塩基配列を組み込んだ楽曲を制作し、さらにその楽曲情報をコドン変換し、DNAを人工合成して「シネココッカス」の染色体に組み込んだ楽曲、そしてこの遺伝子組み換え微生物そのものを「KENPOKU ART」のテーマソングとして発表する。
制作された音楽をDNA情報にもつ遺伝子組み換え微生物は自己複製し続けることが可能なため、例え人類が滅亡したとしても彼らは生き残りつづけ、やがて新たな生命体が記録/DNAを読み解き、音楽を奏で歴史を歴史を繋ぐことができる……そんな思いが今回のテーマソングには込められているという。
このテーマソング音源は「KENPOKU ART」会期スタートと同時に世界に一斉配信される。芸術祭期間中は、関連展示会場としてFabCafe MTRLに新設されるバイオラボにて、この遺伝子組み換え微生物の実物が展示される予定だという。

■KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭
会期:2016年9月17日(土)~11月20日(日) 開催市町:茨城県北地域6市町(日立市・高萩市・北茨城市・常陸太田市・常陸大宮市・大子町)
*やくしまるえつこ KENPOKU ART 2016 公式テーマソング
「(タイトル未定)」
音源配信:2016年9月17日世界一斉配信
遺伝子組換え微生物展示予定:FabCafe MTRL (〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22-7 道玄坂ピア2F)
http://kenpoku-art.jp/artists/etsuko-yakushimaru/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon