SECAIがニュー・アルバム『Ammonite』をリリース、PastacasとTenniscoatsが参加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon
B01HPW5NWU.09-AN1VRQENFRJN5.MAIN._V20160704102015-PE2HO-goo-gl-R8MyJ_SY6000_SCRMZZZZZZ_

並木大典と比留間毅によるユニットSECAIがニュー・アルバム『Ammonite』を8月3日にリリースする。
近年はライヴ活動を主軸にしてきた彼らにとって、オリジナル・アルバムのリリースは実に10年ぶり。2015年5月から約1年の歳月を経て完成に至った。その制作には、2008年にリリースした『Tenniscoats&Secai』でもコラボしたTenniscoats、そしてフィンランドのアートカレッジで並木と学友だったPastacasが参加。9月18日(日)には渋谷・7th Floorにて3組が共演するイベント「パスタのセカイ」も開催される。リリースに先駆けて、Pastacasが参加した収録曲「NIJI」のMVが公開中。また、制作を振り返ったアーティスト・コメントも到着している。

2005年制作の『Mammoth』のリリース以降、ライヴ活動をメインに活動していました。このアルバムを制作するにあたっては一連のライヴを行うための制作プロセスで生まれてきた、約11年分の膨大な音源たちをまとめ上げることが念頭にありました。必然的にこれまでのセカイの活動の集大成になるだろうと考えていましたね

Secaiの音は、アンビエントとビートを大きな骨子として捉えています。これまでの11年間の活動を通して生まれたきたそれらの要素たちに、ある程度相性 のいい組み合わせが定着し、自然にそれらのセットがひとつの曲となってきました。その組み合わせを基本としつつ、ライヴではできないことを付加して、 曲の世界観を引き出すことを心がけました

(テニスコーツについて) 参加してもらう候補の曲を聴いてもらって2曲を選択。マジキックのスタジオでさやさんと植野さんに演奏をしてもらって一発録りしました。その後、パート音源をロジック上で調整したという流れです。曲の原型はありましたが、多くあったトラックをそぎ落としてシンプルにし、ふたりの音を入れて再構築しました

(パスタカスについて) テニスコーツと対照的に、彼にふさわしい曲をある程度形になった段階で渡し、彼はそれに合わせて新たなボーカル・トラックを提供してくれました。合計3トラック程のボーカルをミックス、バウンスしたもので、パンニングや細かいプログラミングも施されていました

artist : SECAI セカイ
title : Ammonite アンモナイト
cat : ah-137
release date : 2016.8.3
format : CD
price : ¥2,000+税

Track List
01. ISSIKI [5:43]
02. NIJI featuring Pastacas [5:19]
03. LIGHT IN BLIND [5:53]
04. ELEONORA [4:59]
05. KABUL [4:30]
06. NEW EIGA featuring Tenniscoats [4:49]
07. YOAKE featuring Saya [from Tenniscoats] [5:41]

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon