Pixiesが2年半ぶりの新作『Head Carrier』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Pixies/Head Carrier (a-sha) (1)

2014年に23年ぶりの新作『Indie Cindy』をリリースし、同年「SUMMER SONIC」にも出演したPixiesが、2年半ぶりの新作『Head Carrier』を〈Play It Again Sam〉及び〈Hostess〉を通じて9月30日にリリースすることが明らかになった。彼らのオフィシャル・サイトでは、早くも新曲「Um Chagga Lagga」の試聴が公開されている。
新作『Head Carrier』には、Killing Joke等を手掛けるプロデューサーTom Dalgetyを迎えて今年の2月から3月中旬にかけてRakスタジオにてレコーディングした全12曲が収録。アートワークは彼らや〈4AD〉の作品ではおなじみのグラフィック・デザイナーVaughan Oliverが担当した。
なお、今回のリリースに伴い、ZwanやA Perfect Circleのメンバーとして知られ、これまでサポートとしてPixiesに参加していたベーシストのPaz Lenchantinの正式加入がアナウンスされた。もちろん今作のレコーディングにも彼女は参加している。

 

Update(17:03): 新曲「Um Chagga Lagga」の試聴プレイヤーを追加。

 

最初のリハーサルに参加したときはとても緊張したわ。埋めるべき穴がものすごく大きくて、とにかくファンのために精一杯オリジナルのサウンドに近づけるように努力した。この間ずっとピクシーとは何かっていうのを学んできて、今では私の心にも魂にも、彼らの音楽に対する愛情が埋め込まれ、やっと自分自身もピクシーになれた気がするの。これからはピクシーズのこれまでを振り返るのではなく、未来に目を向けていきたいわ – Paz Lenchantin (Bass)

パズは最高の存在さ。面白いし、彼女がいると今までで最も楽しいんだ。ステージ上でもオフでもみんな最高の時間をともに過ごしているよ

俺たちにとってこれだけ多くの時間を新曲に費やせるっていうのは贅沢なことだったよ。レコーディングに取り掛かる頃には、全員新曲を知り尽くしていたから、『インディ・シンディ』の時と比べて半分の時間で制作できた。トムとの制作も素晴らしかった。彼はプリプロダクションから参加してくれたんだけど、俺たちみんなが集中して最良の音楽を作れるように重要な役割を担ってくれたんだ – David Lovering (Drums)

bdd8a3ee-8d38-4faf-a267-27e113f500a7
(クリックで拡大)

■リリース情報
アーティスト名:Pixies(ピクシーズ)
タイトル:Head Carrier(ヘッド・キャリア)
レーベル:Play It Again Sam / Hostess
発売日: 2016年9月30日(金) 【世界同時発売】
※日本盤詳細情報は後日公開

Tracklist:
1. Head Carrier
2. Classic Masher
3. Baal’s Back
4. Might As Well Be Gone
5. Oona
6. Talent
7. Tenement Song
8. Bel Esprit
9. All I Think About Now
10. Um Chagga Lagga
11. Plaster Of Paris
12. All The Saints


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon