Gonjasufiが4年ぶりのアルバム『Callus』をリリース、Porl Thompson (ex-The Cure) が参加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

nn6jfvsp2-f5-FTHEvEQVICDu_ABOX5PnPbtJKmuqyNIcqja6sIJAv2Bud3MrIqF9GNeTtj2NDaLhcE1rGneW9nA9QcM8fKdjJgEy86bWbQpEEmP85NFWVJGrpOSjwAi9RuTF7C4

Flying Lotusの「Testament」(アルバム『Los Angeles』に収録)にフィーチャーされ、その後Flying LotusやThe Gaslamp Killerのプロデュースによるアルバム『A Sufi & A Killer』でデビューしたロサンゼルスのシンガーGonjasufiが、ニュー・アルバム『Callus』を8月に〈Warp Records〉からリリースする。
約4年ぶりのオリジナル・アルバムとなる本作には、以前からコラボしているギタリストのPorl Thompson (ex-The Cure) が3曲で参加。リリースに先駆けて収録曲「Maniac Depressant」が公開された。

この苦しみが “Callus = たこ”なんだ。どうしたら痛みを感じずにいれる?これはなにもクソなことを克服したって言ってるんじゃない。ただ、慣れてしまうってことなんだ。

核心に迫るために、すべての層を削ぎ落としていった。俺はすべての誤解と惨めさ、そして苦悩を伝えたかった。苦悩とは何かってことを、このアルバムに落とし込んだ。これは今までで最も痛みを伴う経験だった – Gonjasufi

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon