音声付きムービーも撮影可能なクラシックカメラ風デザインの超小型トイデジタルカメラ「トイカメラ DSC Pieni」が発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ケンコー・トキナーがクラシックカメラ風デザインの超小型トイデジタルカメラ「トイカメラ DSC Pieni(ピエニ)」を7月22日より販売する。カラーはブラック、コーラルピンク、レモンイエロー、スカイブルーの4色。販売価格は3,400円前後(税別)になる見込み。
「Pieni (ピエニ) 」とはフィンランド語で「小さい」という意味。アクセサリー感覚で身につけられるこの超小型カメラは、静止画だけでなく音声付きのムービーも撮影可能。付属のUSB接続ケーブルでパソコンにつなぎ、画像データの取り込みや充電を行う。メモリーカードはmicroSD/SDHC(別売)を使用する。

製品概要
main
(拡大版を見る)

sub6
(拡大版を見る)
いつも持ち歩きたくなるような小ささで、携帯に便利なネックストラップが付属します。静止画だけでなく、音声付きのムービーも撮ることができます。

sub7
(拡大版を見る)
カメラ背面にはマグネットを内蔵しているので、冷蔵庫など磁石がくっつくところであればピタッとくっつき、ムービー撮影時に便利です。紛失防止にも役立ちます。

付属のUSB接続ケーブルでパソコンにつなぎ、画像データの取り込みや充電を行います。メモリーカードはmicroSD/SDHC(別売)を使用します。

※「Pieni (ピエニ) 」とはフィンランド語で「小さい」という意味です。
※このカメラはmicroSDカードがないと記録できません。またパソコン接続が前提となっています。必要なパソコンシステム欄記載のパソコン環境とパソコンの知識が必須となります。

ネックストラップが付属
アクセサリー感覚で気軽に撮影を楽しめます。

【撮影サンプル】
sub9
sub10
sub11

主な仕様
イメージセンサー:1/10型 CMOS
総画素数:131万画素
有効画素数:131万画素
レンズ:f=3.2mm F2.8
撮影距離:標準 約0.3m~∞
内蔵メモリー:ユーザー使用可能領域はありません
外部メモリー:micro SDカード(128MB~2GB)、micro SDHC(4GB~16GB)
ファイル形式:静止画JPEG、動画MJPEG(AVI)、音声MP3
静止画サイズ:1280×1024
動画サイズ:720×480(30fps)
シャッタースピード:1/100秒
ISO感度:ISO100
電源:内蔵リチウムイオン充電池
入出力ポート:USB2.0
サイズ(W×H×D):約51×36×18mm
重量:約18g(付属品除く)

sub5
(拡大版を見る)

【必要なパソコンシステム】
Windows
●対応OS:Windows Vista(32bit)/7(32bit/64bit)/8(32bit/64bit)/8.1(32bit/64bit)
●CPU:Intel Pentium 4(3.2GHz以上)
●メモリー:2GB以上
●インターフェース:USB2.0

Mac
●対応OS:Mac OSⅩ10.7.5~10.9.5
●CPU:Intel Core2 Duo以上
●メモリー:2GB以上
●インターフェース:USB2.0

【動作保証について】
●動作環境を満たすパソコンでも、一部機種の設定、構成により正常に動作しない場合があります。あらかじめご了承ください。●各Windows OSはアップグレードしたパソコンでは動作保証いたしません。●USBハブや拡張USBポートに接続した状態での使用、自作機および改造を加えたパソコンについては動作保証いたしません。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon