『サウンド&レコーディング・マガジン』で連載された松武秀樹によるセミナー「スイッチト・オン・シンセサイザー」が電子書籍化

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

音楽専門誌『サウンド&レコーディング・マガジン』にてシンセサイザー界の第一人者として知られる松武秀樹が、1995年6月号から1999年6月号までの4年に渡って連載していたセミナー「スイッチト・オン・シンセサイザー」が電子書籍化。8月3日から発売が開始される。シンセサイザーの基礎から、Eurorackのオリジネイターとして大人気のDOEPFERモジュラー・シンセを使ったサウンド作成までを懇切丁寧に解説した本書は、シンセサイザーを用いた音作りをするクリエイター必携の指南書。
なお、既報の通り松武氏がプロデュースする新プロジェクト〈pinewaves〉によるシンセサイザー/エレクトロニック・ミュージックのポップアップショップ「pinewaves Vol.1」が、7月20日から7月31日の12日間にわたって、KONTACTO EAST STUDIOにて開催される。なお、同イベント会場では、8月3日の一般発売に先がけて電子書籍『松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー』を入手できるダウンロードカードが限定販売される。各詳細は以下より。

スイッチト表1up0712

『松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー』
発売:2016年8月3日予定(ダウンロードカード購入者のみ本日7月20日よりダウンロード可能)
参考価格:1,000円
詳しくは http://www.rittor-music.co.jp/e/matsutake/

【CONTENTS】
第1章 僕とシンセサイザーとの出会い
第2章 音の3要素を理解して音作りを行なう
第3章 オシレーターを理解する
第4章 深遠なるLFOの世界
第5章 フィルターを理解する
第6章 エンベロープ・ジェネレーターでフィルター制御
第7章 ノイズ~音を豊かにする魔法のスパイス
第8章 リング・モジュレーターとオシレーター・シンク~倍音を生み出す2つの装置
第9章 ポルタメントとベンダー~フレーズにニュアンスを付けるためのモジュール
第10章 音作りの実践~DOEPFER編
第11章 ドラム・キットの音作り
第12章 ベースの音作り
第13章 トミタ・サウンドに挑戦!
第14章 無限音階の作り方
第15章 SEの作り方
第16章 フィルターで人の声を作る
第17章 民族楽器の音を作る……インド編
第18章 民族楽器の音を作る……日本編
第19章 A-100のさまざまなフィルター・モジュール
第20章 A-100のボコーダー・モジュール
第21章 音作りの実践~NordLead編
第22章 NordLeadで『BGM』のサウンドを作る
第23章 NordLeadで『テクノデリック』のサウンドを作る
第24章 NordLead2は初代と何が違うのか?
第25章 Nord Modularで初期YMOの音を作る①~「ファイアークラッカー」編
第26章 Nord Modularで初期YMOの音を作る②~「コズミック・サーフィン」編
第27章 Nord Modularで初期YMOの音を作る③~「ビハインド・ザ・マスク」編
第28章 Nord Modular使いこなしのポイントはテンプレートの活用にあり!

sub2

『pinewaves Vol.1』
期間:2016年7月20日(水)〜7月31日(日)
場所:KONTACTO EAST STUDIO(東京都港区西麻布2-25-11-1F) http://kontacto.jp
入場:無料
More Info:www.pinewaves.jp


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon