A Winged Victory for the Sullenの初来日公演が10月に開催決定

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

AWV PR - Photos - Portrait - Hoegaarden 01

A Winged Victory for the Sullenが10月27日(木)にスクエア荏原ひらつかホールにて初来日公演を開催する。
A Winged Victory for the Sullenは、〈Kranky〉の看板アーティストであるアンビエント・ミュージックの重鎮Stars of the LidのAdam Wiltzieと、ソフィア・コッポラ監督の映画『マリー・アントワネット』の音楽も手がけたベルリン在住のアメリカ人ピアニストDustin O’Halloranによるプロジェクト。2014年にはRadioheadの「Lotus Flower」やAtoms For Peaceの「Ingenue」の振付でも知られる英国ロイヤルバレエ専任振付師Wayne McGregorの長編作品『Atomos』のスコアとして制作した同名アルバムを〈Erased Tapes〉からリリースした。今回の公演ではストリング・トリオを加えた編成で、その『Atomos』を中心としたセットを演奏する予定だという。

A Winged Victory For The Sullen Live in Tokyo 2016

日時: 2016年10月27日(木) 開場 18:00 / 開演 19:00
会場: スクエア荏原ひらつかホール (東京都品川区荏原4-5-28)
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/menu000002900/hpg000002815.htm

料金: 前売 6,000円 / 当日 6,500円(全席指定)

出演:
A Winged Victory For The Sullen

メンバー:
Dustin O’Halloran (piano, key)
Adam Wilzie (guitar, key)

Margaret Hermant (violin)
Neil Leiter (viola)
波多野敦子 (cello)

オンラインチケット:LivePocket(8/1(月)発売)
https://t.livepocket.jp/e/awvfts
*お席は全席指定席です。隣り合わせのお席をご希望の場合、あらかじめまとめてご購
入いただきますようお願い申し上げます。

企画:株式会社インパートメント
招聘:OURWORKS合同会社
協力:Fly sound, Taguchi, Erased Tapes Records

※今回の来日でダスティン・オハロランのソロ公演の予定はございません

問い合わせ先
株式会社インパートメント 03-5467-7277 | http://www.inpartmaint.com
info_pdis@inpartmaint.com

ツアー詳細ページ: http://www.inpartmaint.com/site/17237/


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon