Pioneerが自宅で手軽に高品位なサウンドを楽しめDJプレイも可能なターンテーブル「PLX-500」を9月に発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Pioneerがダイレクトドライブターンテーブル「PLX-500」を2016年9月上旬に発売する。
昨今のアナログレコードのリバイバル・ブームや根強いアナログターンテーブルの人気を受けて開発された本機種は、2014年9月に発売したプロフェッショナルターンテーブル「PLX-1000」の音質設計思想を踏襲し、より幅広い層にアナログレコードを楽しんでもらえるような機能を搭載している。製品概要は以下のとおり。

【商品概要】
商品名   :DIRECT DRIVE TURNTABLE
型番    :PLX-500-K, PLX-500-W
希望小売価格:オープン価格
発売時期  :2016年9月上旬
「PLX-500」商品サイト
http://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/turntable/plx-500/

img_108691_1

img_108691_2

【「PLX-500-K, W」の特長】
(1) プロフェッショナルターンテーブルの設計思想を踏襲し高品位なアナログレコードサウンドを実現
プロフェッショナルターンテーブル「PLX-1000」の音質設計思想を踏襲しています。針先からPHONO/LINE出力までの経路を最短に設計することで、アナログレコードの本来持つ音質を忠実に再現します。
またPHONO出力だけでなくLINE出力に対応していますので、パワードスピーカーと直接接続するだけで高品位なアナログレコードサウンドを手軽に楽しむことができます。

(2) アナログレコードをデータ化し外出先でも楽しむことができる簡単デジタル録音が可能
USB-B端子を搭載していますので、「PLX-500」とPC/Macを直接接続し、アナログレコード音源をデータ化してPC/Macに録音することが可能です。録音の際は無償の音楽管理アプリケーション「rekordbox(TM)」(Ver.4.2.1以降)の録音機能を使うことにより、簡単な操作でデジタル録音することが可能です。これにより、お手持ちのアナログレコードを簡単にデータ化して保管することができ、モバイルデバイス等で外に持ち出して聴くことが可能となります。

ダウンロードURL: https://rekordbox.com

(3) DJプレイを可能にするダイレクトドライブターンテーブル
ハイトルクダイレクトドライブ方式を採用していますので、2台の「PLX-500」とDJミキサーを組み合わせることで楽曲のミックスやスクラッチなどのDJプレイが可能です。
また、「rekordbox dvs(有償)」対応のDJミキサーと組合せることで、Control Vinylを使用しPC/Mac内のデータ音源をDJプレイすることも可能となります。

img_108691_5

●「rekordbox dvs」のご利用方法
「rekordbox dvs」のご利用には、無償の音楽アプリケーション「rekordbox(TM)」のダウンロードに加え、「rekordbox dj」および「rekordbox dvs」ライセンスキーの購入が必要です。
「rekordbox dj」のサブスクリプション契約のお客様は「rekordbox dvs」のライセンスキーを追加購入することなくご利用になれます。
ご利用方法についての詳細は( https://rekordbox.com/ja/products/rekordboxdvs/#func4 )でご覧になれます。
また、「rekordbox dvs」をコントロールするための専用信号が収録された専用のControl Vinylを追加購入する必要があります。
Control Vinylはこちら( http://www.pioneerdjstore.jp/fs/pioneerdj/c/accessories )からご購入いただけます。

(4) レコードジャケットを立てかけられるダストカバー
開いたダストカバーにレコードジャケットをディスプレイできる設計を施しました。これによりレコードジャケットを鑑賞しながらアナログレコードサウンドをお楽しみいただけます。

img_108691_6

(5) プロフェッショナルターンテーブル「PLX-1000」を踏襲したデザイン
機能美を追求した「PLX-1000」のデザインを踏襲しました。また、お客様のご自宅のインテリアやお好みに合わせて、ブラック・ホワイト2色からお選びいただけます。

img_108691_7

別売オプション ヘッドシェル PC-HS01-K, S, N(12月導入予定)
使用する場面に応じてカートリッジを交換したり、自分の好みの色にカスタマイズしたい方に向けたブラック・シルバー・ゴールド3色のヘッドシェルを単品販売いたします。
当社カートリッジ「PC-X10」や他社カートリッジに取り付けてお使いいただけます。

【主な仕様】
電源        :AC 100 V、50 Hz/60 Hz
消費電力      :8W
本体質量      :10.7 kg
最大外形寸法(WxHxD):450 mm x 159 mm x 368 mm
出力端子      :RCA端子 x 1、USB-B端子 x 1

<ターンテーブル部>
駆動方式    :サーボ式ダイレクトドライブ
モーター    :3相ブラシレスDCモーター
ブレーキシステム:電子ブレーキ
回転数     :33 1/3 rpm、45 rpm、78 rpm
回転数調整範囲 :±8 %
ワウ・フラッター:0.15 % 以下WRMS
S/N比     :50 dB 以上
ターンテーブル :アルミダイキャスト 直径 332 mm
起動トルク   :1.6 kgf・cm以上
起動時間    :1秒以下(33 1/3 rpm時)

<トーンアーム部>
アーム形式     :ユニバーサルタイプS字型トーンアーム、
           ジンバルサポート型軸受構造、
           スタティックバランス型
有効長       :230.5 mm
オーバーハング   :16 mm
トラッキングエラー :3°以内
アーム高さ調整範囲 :6 mm
針圧可変範囲    :0 g~4.0 g(1目盛0.1 g)
適正カートリッジ質量:9.5 g以下(カートリッジ単体)
カートリッジ形式  :VM型
付属品       :ターンテーブル、スリップマット、
           ジャケットスタンド付ダストカバー、
           EPレコード用アダプター、バランスウェイト、
           ヘッドシェル(カートリッジ付属)、シェルウェイト、
           電源コード、USBケーブル、オーディオ変換ケーブル
           (ステレオピンプラグ(メス)-
           ステレオミニプラグ(オス))、取扱説明書

【主な仕様:ヘッドシェル】
本体質量 :10.0 g
シェル長 :52 mm
指掛け長さ:21 mm

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon