伝説的舞台を渋谷慶一郎等3人のアーティストがリメイクした「Parade for The End of The World」の舞台裏映像第1弾が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

13404004_10154918729387366_4328511366282940165_o

音楽をエリック・サティ、美術をパブロ・ピカソ、脚本をジャン・コクトーが担当し、1917年にパリ・シャトレ座にて上演された約15分ほどの伝説的バレエ「Parade」。その100周年を記念して、「世界の終焉に向かうパレード」をテーマとしてリメイクされた「Parade for The End of The World」の舞台裏映像第1弾が公開された。
音楽を担当したのはボーカロイド・オペラ「THE END」をパリでも上演した渋谷慶一郎、ダンスと振り付けはパリ・オペラ座のスターダンサーであるジェレミー・ベランガール、そして映像、ビジュアルはヴィデオ・アーティストのジュスティーヌ・エマ。
今回公開されたEpisode.1では、今年5月27日、28日にパリのMaison de la Culture du Japon à Paris(日本文化会館)にておこわれたワーク・イン・プログレスに向けた制作風景および、企画の概要やコンセプトについて語る3人のインタビューを紹介。今後全3回のメイキングが公開された後に、最終的には本編の公開が予定されている。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon