体調不良で6月の来日公演をキャンセルしたNicky Sianoの振替公演が今月開催

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Nicky_Siano_new

体調不良で6月の来日公演をキャンセルしたNicky Sianoの振替公演が、本人の強い意向もあり今月開催される。
Sianoは、Larry LevanやFrankie Knucklesもスタッフとして在籍していた1970年代のニューヨークに存在した伝説的クラブ「The Gallery」の創設者であり、3台のターンテーブルを用いて初めてDJミックスという手法を生み出した人物。高齢の為、本人も今回が日本での最後のギグになるとコメントしている。公演概要は以下のとおり。

 Larry Levanが逝ったのは1992年に日本でのツアーを終えてからで、2年前にはFrankie Knuklesもこの世を去った。そのことを今は強く実感しています。身体のことを考えると、ギグを減らさなければいけないと強く感じていた矢先で、6月に日本に行けなかったことは自分にとっても大きな事柄でした。長時間のフライトや体力的なことを考えると、日本でのギグをおこなうチャンスは限られています。おそらく今回が最後になるでしょう。もう一度機会を与えられたことに感謝をしつつ、日本のオーディエンスとパーティーを楽しめるように再び準備を始めようと思っています。少しの間だけ待っていてください。再会することを楽しみにしています。 – Nicky Siano

8/19(金)宇都宮公演 @ SOUND A BASE NEST 
http://club-nest.com
Special Guest DJ : NICKY SIANO (The Gallery | Studio 54 | NY)
.DJ : HOSSY, kasetty, YOSHI, JOSE

Door ¥3000

8/20(土)東京公演 @ Contact Tokyo
http://www.contacttokyo.com
Studio : Nicky Siano (The Gallery | Studio 54), DJ NORI (Tree | Gallery), Dazzle Drums (Nagi & Kei Sugano)

Contact : DJ KENSEI, LADY-K (nervy), Kaji (WITT | xxx), TOYO (WITT), DJ 色彩, bon appetit ($HOW5 # テガキ & KAI)

Photo : Niiiyan
Food : BAHAMA KITCHEN
Balloon : YOSHIHIRO NAGASAWA
The Gallery Hell : NAGOYA, SUZUKO

Door ¥3500 w/f ¥3000
GH S Members ¥2500 Under 23 ¥2500 Before 11PM ¥1000

The GalleryとSarcasticがコラボレーション・アイテムを発売
90年代後期よりDJ Harveyを招聘しHARVEY SARCASTIC DISCOを主催するなど、LAに新たなダンスミュージックの潮流を築いたPaul T。その先鋭性は自身のウェアブランドSarcasticにも反映され、ストリートカルチャーとダンスミュージックの融合をいち早く実践し、次世代のシーンにインスピレーションを与えている。今季のSarcasticは音楽とゲイカルチャーの関係性が裏テーマ。左胸にはTHE GALLERYのアイコニックなターゲットマークとSarcasticの”Bolt”ロゴとのミックスアップしたコラボレーションロゴ、プリントのミニマルなサイジングやレイアウト位置など、Sarcasticらしい遊び心を感じさせる1枚となっている。詳しくはホームページにて。
http://www.sarcasticclothing.com
SARCASTIC 取扱店舗 ¥5,400(税込)
イベント会場 特別価格 ¥4,000(税込)

伝説的クラブThe Galleryのドキュメンタリー映像
70年代当時の貴重な映像を中心にThe Galleryの閉店までを追ったドキュメンタリー作品「LOVE IS THE MESSAGE」。下記URLのティーザーより歴史の断片が伺える。東京公演では本作品を会場内にて上映。40年以上もの時を超えてなお愛されているThe Galleryの真髄を感じて欲しい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon