Masayoshi FujitaとJan Jelinekによるコラボアルバム『Schaum』の全曲試聴が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon
artworks-000172048745-t07h0j-t500x500

ベルリンを拠点に活動する日本人ヴィブラフォン奏者Masayoshi Fujitaと、電子音楽家Jan Jelinekが〈Faitiche〉からリリースするコラボアルバム『Schaum』の全曲試聴がTiny Mix Tapesでプレミア公開された。
2010年に同レーベルからリリースした『Birds, Lakes, Objects』以来の本作は、両アーティストのインプロゼーションをパッケージした作品。Jelinekは以前から熱帯地方に強い関心を持っていたが、ヴィブラフォンと電子音が融け合う本作でも熱帯雨林の中にいるような不思議な感覚にさいなまれる。

Public RhythmではこちらのページでMasayoshi Fujitaのインタビューを掲載中。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon