RolandとSeratoが共同開発したDJコントローラー「DJ-808」が今月下旬に発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Rolandとニュージランド拠点のDJソフトのトップメーカーSeratoが共同開発したDJコントローラー「DJ-808」が、今月下旬に発売される。
RolandにとってDJ市場への本格参入となる本機は、世界的定番となっているSeratoのDJソフト「serato DJ」に完全対応。ローランド歴代のリズムマシンTRシリーズ各種音源とTR-RECステップ・シーケンサーを内蔵し、DJライヴパフォーマンスに効果的なボイス・エフェクトも搭載している。

img_111556_1
(クリックで拡大)

品名/品番:DJコントローラー/『DJ-808』
価格   :オープン価格
発売時期  :2016年9月下旬
初年度販売予定台数(国内/海外計):7,000台

■主な特長

▼Serato社と共同開発。DJプレイの定番ソフトウェア「serato DJ」に完全対応
世界的な定番ソフトウェアとなっている「serato DJ」に完全対応。パソコン内の楽曲を選択し瞬時に読み込み、『DJ-808』内蔵のエフェクトをかけたり、パッドを使ってサンプラーを演奏させるなど、「serato DJ」の機能と完全に連動しながら、DJプレイに求められる演奏を直感的な操作で実現します。また、本来は有償の「serato DJ」機能拡張パック「PITCH’ N TIME DJ」を入手可能なバウチャーカードも同梱しているので、プロのレコーディング業界でもスタンダードになっているピッチ補正機能をすぐに入手いただけます。

img_111556_2
(「serato DJ」画面 | クリックで拡大)

▼ローランド歴代のTRシリーズ各種音源とTR-RECステップ・シーケンサー内蔵
『DJ-808』はDJコントローラーとしての機能の他、リズム音源と、曲作りを行えるシーケンサーを内蔵しています。リズム音源は「TR-808」「TR-909」「TR-707」「TR-606」など歴代のTRシリーズよりベース・ドラム、スネア・ドラム、ハイハットなどの代表的な音色を搭載。リズムパターン作成の定番ともいえるTR-REC方式に対応するステップ・シーケンサーとボリューム・フェーダーでの演奏が可能です。もちろん、「serato DJ」のテンポと完全同期させたり、「serato DJ」のサンプラーに読み込まれたサンプルをステップ・シーケンサーで演奏させるなど、『DJ-808』ならではの機能も備えています。

img_111556_3
(歴代のTRサウンドを「serato DJ」と同期して演奏 | クリックで拡大)

▼マイク音声を劇的に変えるなど、DJライブパフォーマンスに効果的なボイス・エフェクト搭載
声によるパフォーマンスは、DJの新しい表現方法の一つになってきています。『DJ-808』は、ボイス・トランスフォーマー「VT-3」で好評のボイス・エフェクターを厳選して収録。標準的なリバーブはもちろん、独立してコントロール可能なトリッキーな表現が可能。さらに、今や定番のボイス・エフェクトになっているAUTO PITCHは「serato DJ」上で再生される楽曲のキー情報を基に、自動的にスケール(音階)を設定させることができます。

img_111556_4
(実用性の高いボイス・エフェクトを搭載 | クリックで拡大)

▼演奏に最適な低レイテンシー・プラッターをはじめとする各種コントローラーを搭載
『DJ-808』には、DJプレイにおいて最も重要と言えるプラッター(スピード調節やスクラッチ演奏を行うための回転盤)を新規開発。パソコンを使ったDJプレイにありがちな「音の遅れ」を感じることのない超低レイテンシーを実現し、ストレスフリーな演奏が可能です。また各種フェーダーやノブは、ローランドの業務用音響機器で培った技術を応用。リアルタイム演奏に最適な絶妙なトルク感を実現しています。ベロシティに対応したマルチ・カラー・パッドは「serato DJ」のサンプラーに取り込んだサンプルの再生はもちろん、設定した任意のシーン(CUEポイント)をトリガーするなど様々な演奏に使用することができます。

img_111556_5
(超低レイテンシーを実現した新開発プラッター | (クリックで拡大)

 

img_111556_6
(機器の接続例 | クリックで拡大)

■提携についての両社代表者のコメント

<ローランド株式会社 代表取締役社長 三木 純一のコメント>
ローランドは電子楽器で培ったこれまでの経験をもとにデジタルDJ分野に参入します。DJソフトウェアのトップメーカーのSerato社は、DJパフォーマンスの未来についてのビジョンを共有するには最高のパートナーです。Serato社が持つ「PITCH’ N TIME」などのソフトウェア技術と、ローランドのハードウェア技術、そして伝説的ドラムマシンの古典的なサウンドの融合により、DJのための唯一無二の楽器を創り出すことができました。ローランドが今回初めて本格的に参入するデジタルDJ市場は、次世代のパフォーマーを刺激することができる魅力的な市場です。今回Serato社と組んでの市場参入は我々にとってエキサイティンングな第一歩となりました。

<Serato社 CEO Young Lyのコメント>
ローランドとパートナーを組んで開発されたDJハードウェアは、音楽制作やライブ、DJプレイをより身近なものに近づける新しい動きへの扉を開くでしょう。『DJ 808』は我々の「serato DJ」とローランドのTR-808などの伝説的なリズムマシンとを組み合わせた、この提携から生まれた最初のコントローラーです。DJ ソフトウェアのリーダーである弊社にとって、楽器や音楽制作分野で深く豊かな財産と経験を持つローランドと提携することはとてもエキサイティングなことです。これからも両社の知恵と経験を合わせて共に未来を創造していきたいと思います。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon