Monoの新曲「Requiem for Hell」が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

mono-web size

Monoの新曲「Requiem for Hell」がSoundCloudで公開された。「Requiem for Hell」は彼らが来月14日にワールドワイド・リリースするニュー・アルバム『Requiem for Hell』のタイトル・トラック。北米は〈Temporary Residence LTD〉、UK/EUROは〈Pelagic Records〉、日本/アジアは〈MAGNIPH/Hostess〉からのリリースとなる。
アルバム制作はシカゴのエレクトリカル・オーディオにておこなわれ、過去3作品にも関わったSteve Albiniがプロデュース/録音/ミックスを、マスタリングをBob Westonがそれぞれ担当した。 (via Stereogum)

このアルバムは2015年に絶え間なく降り注いできたインスピレーションを曲にしたものだ。1曲、また1曲と書き終え、タイトルをつけたあとに、偶然にダンテ の”神曲”を読み、自分たちがダンテと同じものにコネクトしていたんだと気づい た。生きながらにして、地獄を抜け、煉獄、そして天国へ行き、現代に戻ってく るという神曲のストーリーはまさに今回のテーマと全く同じものだった。メイン カヴァーはグスタフ・ドレが描いた神曲の最後のシーンを使用した。

そしてもうひとつ偶然にも、長き僕達の友、Jeremyに(アメリカのレーベル Temporary Residenceのオーナー)初めての子どもが誕生した。
名前はElyと言い、JeremyはまだElyが母親の体内にいる時からその写真や彼女の 心音を僕達に送ってくれていた。
Elyが産まれ、やがて大きくなった時に聴いてもらいたいと思い、彼女の心音を イントロに使用した「Ely’s Heartbeat」という曲をJeremyに贈った。

死と生、肉体と魂、希望と挫折、光と闇、引き継がれる人間の尊厳と誇り、新し い生命、そういったすべてを感じていただければとても嬉しい。

/MONO 2016 – Takaakira ‘Taka’ Goto

TRR269_LP_Jacket_RE11439
■リリース情報
アーティスト:MONO(MONO)
タイトル: Requiem For Hell (レクイエム・フォー・ヘル)
レーベル:MAGNIPH/Hostess
発売日:2016年10月14日世界同時発売

<トラックリスト>
1. Death In Rebirth
2. Stellar
3. Requiem For Hell
4. Ely’s Heartbeat
5. The Last Scene

 

Public Rhythmでは、前作『For My Parents』リリース時のインタビューをこちらで公開中。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon