滾る血の野望。ロックのRawパワーをドキュメントしたKlan Aileenの新作に迫る

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

klan-%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%b9%e5%86%99%e7%9c%9f-web%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99

東京を拠点に活動するロック・デュオKlan Aileenが4年ぶりとなる新作『Klan Aileen』を今月MAGNIPH/Hostessからリリース。ここでは彼らが音楽に込めた思い、シーンの重要作と誉れ高い本作の魅力をRyo Matsuyama(Gt&Vo)へのメールインタビューの回答をはさみながら紹介していきたい。

 
Text by Satoru “Teshi” Teshima
 

Klan Aileen  - Astroride | from 『Astroride』

 

Klan Aileenは2012年に『Astroride』でデビュー。その後メンバーの脱退などを経て、2014年、現在のギター/ドラムの2人編成で再始動する。
虚無を生み出すリヴァーブの残像。それを切り裂く轟音ギターの叫びと、濁流のごとき凶暴な生ドラム。そしてDeerhunterにソングライティングの影響を受けたという、透明感あふれる美メロの洪水。ファーストアルバムから現在のサウンドに行き着くまで、何かターニングポイントになった出来事はあったのだろうか。

ーそれはもちろん2ピースになったということです。前は普遍的な色褪せないものを作ろうと思っていたし、正解があると思いながらやっていたんですが、そういう自分の考えを否定するところから始まった気がします。
カニエ・ウエストやトム・ヨークでさえも、これが正解と確信を持ってる人なんていないんだな、ただ必死に出来ることをやってそれを色々覚悟しながら世に出してるんだなと思うようになりました。

 

Klan Aileen – 離れて // Fog // Nightseeing | from 『Klan Aileen』

 

再生ボタンを押した瞬間に、別次元に置いてけぼりをくらったかのような雰囲気を覚える今作。Klan Aileenが目指すグッドミュージック、それはなにか現実ではないようなムードや雰囲気が立ち上がってくるもの、過去を思い出させるもの、そして聴く側が集中を要するものだという。
また、音楽で自分が感じられる条件に《人間がやっている感があるもの》《強いメロディかリフがあるもの》《生ドラム》を挙げる彼ら。では、ドラムとギター、2ピースで表現する強みとは?

ー音圧、和音、グルーヴ どれを取っても 3ピースや4ピースバンドには勝てないと思っているんですが、まず画的に面白いんじゃないでしょうか。
あとはライブでギターの音が出ないみたいなアクシデントがあった時、お客さん的には結構面白いみたいで、それは多分3ピースや4ピースの中の1人に起こるアクシデントより、2ピースの片方に起こるアクシデントのほうがスリリングで面白い。バンドって普通みんなで力を合わせるものだと思うんですが、2人だと喧嘩感みたいなのがあるところじゃないですかね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-19-30-33

録音面でCan、アレンジ面でLast Ex、ミックス面で幾何学模様やOgre You Asshole等にインスパイアされたという今作のサウンドは、あらゆる点において生ぬるさゼロ。まるでライブアルバムを聴いているかのような、アナログレコードを聴いているかのような、生々しいエナジーと圧倒的な緊張感がアルバム全体を包み込んでいる。
セルフ・レコーディング/プロデュースによる本作のレコーディングにおいて、特に気を使ったこと、こだわりはあったのだろうか。

ー1発録りでやろうというのがまずあったので実際ライブアルバムだと思います。機材面で言うと Grace Designのmodel 201というマイクプリを使いました。おそらくクラシックコンサートの録音とかに使うものだと思うのですが、空気感が非常に良く録れた。 だから、太鼓にはほとんどコンプをかけませんでした。マイクは古いAKGのダイナミックマイクを多く使いました。そこもライブ盤っぽい理由かと思います。
結果から言えばかなりコンセプチュアルなアルバムになったのですが、レコーディングを始める当初はとにかくバンドのドキュメントを作ろうと思っていました。

生きるのも死ぬのも一人、ともかく人が誰もいないアルバム。そう彼らが言う通り、今作は言葉だけでなく、音や行間からも「死」のモチーフがアルバムを支配している。
また作詞は一部を除いて、ほぼ全編日本語。英語で表現するロック/パンクバンドが多い中、なにか日本語で挑むことについての理由は…。

ー実はありません。前作までは全編英詞でしたし、日本語でやると、とにかく暗くなることが分かったので 「日本語で明るくやるには」というベクトルで努力するのもアホらしい気がしていて、その時はスッと英詞でやりそうな気がしています。
ただ、日本語でやり切ってみると「英詞の日本人バンド」に興味が無くなったというのはあって。なのでもしかしたら日本語にこだわるかもしれないです。

さらば地球 離れて 手を振ってみよう
どうしても いらないなら やってしまおうよ
Klan Aileen – 死の集まり | from 『Klan Aileen』

それでは彼らが音楽をやる理由はなんだろうか?その最もファンダメンタルでつまらない質問に対し、彼らはたった一言、「逃避だと思う」と答えた。だから純粋で、とことんロックで衝動的な、ここではないどこかへ連れて行ってくれるようなオンガクを掻きむしり続ける。
Klan Aileenは今後、今作を携えたワンマンツアーを開催。それぞれ10月29日に静岡・キルヒヘア、10月30日に愛知・spazio-rita、11月17日に東京・WWWの3会場。彼らの真骨頂であるライブパフォーマンスを、その宇宙を体験してみてほしい。

Klan Aileen
“Klan Aileen” Headlining tour 2016

Oct 29th (Sat) 浜松キルヒヘア
開場19:00 / 開演 19:30
チケット 2,000円 (+1 drink)
協力: sone records
問い合わせ:キルヒヘア TEL:053-458-1388
http://zoot-horn-rollo.jp

Oct 30th (Sun) 名古屋 spazio rita
開場19:00 / 開演 19:30
前売:2,000円(+1D) / 当日:2,500円(+1D)
協力: FILE-UNDER RECORDS
問い合わせ;spazio rita TEL:052-265-7176
http://spazio-rita.com/

Nov 17th (Thurs) 東京 WWW
開場19:00 / 開演19:30
前売り: 3,000円(+1D)/当日;3,500円(+1D)
問い合わせ:WWW 03-5458-7685
http://www-shibuya.jp/

*東京公演チケットインフォ
▼チケットぴあ 【Pコード:311-499】
http://t.pia.jp/
※電話予約あり:0570-02-9999
▼ローソンチケット 【Lコード:74173】
http://l-tike.com/
※電話予約なし
▼e+
http://eplus.jp/klanaileen-www/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon