Laurel Haloのニューアルバム『Chance of Rain』の国内盤化が決定、ボーナストラック追加収録で11月2日にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

昨年にリリースしたデビューアルバム『Quarantine』が英WIRE誌のアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得し、その他Guardian紙、Quietus誌、Pitchfork、Resident Advisorなどの主要メディアがこぞって賞賛したほか、アートワークに日本の現代美術家、会田誠の”切腹女子高生”を使用したことでも話題となり、Laurel Haloの登場は世界に衝撃を与えた。GrimesやInga Copeland(Hype Williams)らの活躍で活況を迎えるインディー・ダンス・シーンの宅録女性クリエイター達の中でも、ブルックリンを拠点に活動する彼女の音楽は、テクノへの憧憬を滲ませながら展開するサイケデリックな音と魅惑的な歌声によって、誰とも比較することの出来ない輝きを放っているという。

本作『Chance of Rain』では、前作のインディー・ダンスの流れに加えて即興性への興味を反映させており、硬質なビートを前面に打ち出すことでベッドルームから現場へと飛び出していこうという姿勢が見られる。その一方で静謐なピアノが鳴り響く「Dr. Echt」と「-Out」で全編を挟むアルバム構成を行うことで従来の神秘的な雰囲気との見事な融合を図っている。やはり彼女はこのシーンのキーパーソンとしての地位を我がものとしているのだ。

収録曲「Ainnome」の試聴は以下のプレイヤーから

Laurel Halo『Chance of Rain』

Tracklist:
01. Dr. Echt
02. Oneiroi
03. Serendip
04. Chance of Rain
05. Melt
06. Still/Dromos
07. Thrax
08. Ainnome
09. -Out
10. Sex Mission *

* = 国内盤のみ収録のボーナストラック

Chance Of Rain [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC399)
Laurel Halo ローレル・ヘイロー
BEAT RECORDS / HYPERDUB (2013-11-02)
Chance Of Rain [輸入盤CD] (HDBCD021)
Laurel Halo ローレル・ヘイロー
HYPERDUB (2013-10-26)
売り上げランキング: 65,694

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon