12日放送のNHKドキュメンタリー番組「自閉症の君が教えてくれたこと」の音楽をRiLFが担当

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

rilf1

11月12日(土)21時から放送されるNHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」のオープニング、挿入曲、及びエンディングテーマをRiLFが担当した。
RiLFはmatryoshkaのヴォーカリストであるcaluと、インストゥルメンタル・バンドAnoiceの2人のコンポーザーであるTakahiro KidoとYuki Murataによるオルタナティヴ・バンド。11月3日にはメンバー全員が参加するfilmsのサード・アルバム『signs from the past』が発売したばかり。
番組「自閉症の君が教えてくれたこと」は、自閉症の作家、東田直樹と自閉症の息子を持つイギリス人作家、デビッド・ミッチェルとの交流を記録したドキュメンタリー番組で、2年前にNHKスペシャルで放送された前作「君が僕の息子について教えてくれたこと」は、同年の文化庁芸術祭にてドキュメンタリー部門大賞を受賞。挿入曲とエンディング曲をYuki Murata(Anoice, RiLF, Films)が担当した。それらの曲はYuki Murataのソロ・アルバム『Films』『Gift』に収録されている。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon