第2次世界大戦時の音響兵器をヒントに戦車型音響システムを制作したベルリンのアーティストNik Nowakのドキュメンタリーが公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

歴史と自然を通じて音と向き合った活動を続けるベルリンのアーティストNik Nowakのドキュメンタリーが公開された。
彼が世界大戦中の音響兵器に着想を得て、アーバンカルチャーの文脈に落とし込んで作った巨大可動式音響システム「サウンドタンク」や、脳の中で「音の彫刻」が感覚として刺激を与える音響装置、インスタレーションをはじめとするアート活動や音楽制作を行う彼の思いとそれらが生きる現場を追っていく。本シリーズの第2弾は11月10日に公開される予定。


 

Produced by lute
Director:Hiroo Tanaka
Producer:Yu Nakajima
Camera:Masaya Kato,Yu Nakajima
Editor:Hiroo Tanaka
Opening timelaps:Masaya Kato
Opening Track:Chikara Aoshima
Translator:Kosuke Kitakoga
Music:Say My Name by Nik Nowak feat Knixx (2013) , Tweeter by Nik Nowak (2011) , Off Shore by Nik Nowak (2011) , hECTOR by Nik Nowak (2016,The Wire)
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon