日本との関わりに着目したDavid Bowieの人物評伝『ボウイ きみと出会ったとき 素顔のカリスマと日本』(仮)が来年1月に発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

maxresdefault3

David Bowieの人物評伝『ボウイ きみと出会ったとき 素顔のカリスマと日本』(仮)がBowieの生誕70周年にあたる来年1月8日に発売される。
本書は2008年の『リアリティ・ツアー』から2016年の最後の作品『ブラック・ スター』までソニーからリリースされたオリジナル・アルバムのライナーノート執筆を担当した吉村栄一が、Bowieと日本とのかかわりについて大きくページを割いて著した本格的な人物評伝。著者執筆の全アルバムディスコグラフィー&企画盤・重要映像作品の解説と、美麗写真のカラー口絵16ページが収録される。

ボウイ きみと出会ったとき 素顔のカリスマと日本(仮)
吉村栄一  [著]
ISBN : 978-4-86647-008-5 予価 : 本2,200円+税  四六・400頁(口絵オールカラー16頁)・並製 
発行元:DU BOOKS
発売元:株式会社ディスクユニオン

目次案
第一章 ボウイの誕生 1947-
第二章 苦難のデビュー 1966-
第三章 異形のアーティスト 1970-
第四章 ジギー・スターダスト 1972-
第五章 日本へ 1973-
第六章 アメリカ時代 1974-
第七章 ベルリン時代 1977-
第八章 メリークリスマス・ミスター・ローレンス! 1982-
第九章 レッツ・ダンス! 1983-
第十章 低迷 1984-
第十一章 復活とイマン 1988-
第十二章 ソロ活動再開 1993-
第十三章 9.11と心臓発作 2000-
第十四章 復活と終焉 2013-

四六/400ページ+カラー口絵16ページ/並製
2017年1月8日発売予定

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon