Song Premiere: 網守将平 – Kuzira

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今回のSong Premiereは、網守将平の「Kuzira」
網守は、日本音楽コンクール第1位受賞(作曲部門)をはじめ、NHK Eテレ『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』にも出演するなど精力的に活動している音楽家。そうしたクラシック/現代音楽等のアカデミックなシーンだけでなく、ラップトップを用いたライヴパフォーマンスを断続的におこなうなど電子音楽/サウンドアートのシーンでも活動を展開している。
シンガーソングライターの柴田聡子をゲスト・ヴォーカルに迎えたこの「Kuzira」は、網守が12月2日に〈PROGRESSIVE FOrM〉からリリースするフル・アルバム『SONASILE』のリード・トラック。全編ポップミュージック・アルバムとなった本作には、柴田聡子の他に、〈noble〉からのリリースで知られるBabiや、ceroなどのサポートも務める古川麦が参加。マスタリングは、サウンドアーティストであり、エンジニアとしてテニスコーツ作品のマスタリングにも携わる大城真が担当している。アートワークは若手美術作家の永田康祐が担当した。
アルバム『SONASILE』および「Kuzira」について綴った網守本人のコメントが到着している。

はじめまして。網守将平といいます。音楽を作っています。
僕は今まで、伝統的な西洋音楽や実験的な電子音響など、いろんな種類の音や音楽を作ったり演奏したりしてきたのですが、一つの名刺として屹立し得るような作品が自分には必要だと思い、この機会にポップミュージックとしての機能を持ったアルバムを制作しました。

タイトルは「SON」(音)+「ASILE」(待避所)による造語です。昨今いろんな意味である種飽和状態と化した音の世界から自らを避難させ、その避難した立場から改めて音楽にアプローチしていくという制作態度を取ったことから、このタイトルに決めました。
多様なパースペクティブを併せ持った、ポップでありながらスリリングな作品となりました。

「Kuzira」は一番最初に着手した、柴田聡子さんにヴォーカルでご参加頂いた楽曲です。制作過程でいろいろあって僕も自ら一緒に歌うことになり、結果的にデュエットソングになりました。(柴田ファンの皆様ごめんなさい)アルバムの中でも異様なほど壮大で、アルバム全体の方向性を決定付けた起点のような楽曲でもあります。

是非聴いてください。

網守 将平

発売日   : 2016年12月2日(金)
アーティスト: 網守 将平(アミモリ・ショウヘイ)
タイトル  : SONASILE(ソナジール)
発売元   : PROGRESSIVE FOrM
販売元   : BRIDGE INC.
規格番号  : PFCD64
価格(CD) : 税抜本体価格¥2,000
収録曲数  : 11曲
JAN     : 4582237836103
https://www.amazon.co.jp/SONASILE-網守-将平/dp/B01MDLQWDP

Tracklisting
01. sonasile
02. Pool Table
03. Kuzira
04. Stab/Text
05. Flat city variation
06. LPF.ar
07. atc17
08. env Reg.
09. Sheer Plasticity Of The Lubricant
10. Mare Song
11. Rithmicats

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon