12月11日(日)に原宿VACANTで開催する「FOUNDLAND」に小鳥美術館・池間由布子・シープリントが出演

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

img_0359

原宿VACANTを中心に不定期に開催されているアコースティック・イベント「FOUNDLAND」が、12月11日(日)にVACANTで開催。
今回は、今年初のミニ・アルバム『Little Museum of Bird』をリリースした小鳥美術館、テニスコーツが運営する〈majikick〉からもリリースする池間由布子、そしてこれが4年ぶりのライヴになる池間由布子という女性シンガーを擁するアーティスト3組が出演する。イベントの概要は以下のとおり。

■ FOUNDLAND

2016.12.11 (sun)
at VACANT
open 16:00 / start 16:30
adv ¥2,500 / door ¥3,000 (+1D)

LIVE :
小鳥美術館
池間由布子
シープリント

イベント詳細URL:
http://foundland.us/archives/1756

小鳥美術館
2004年、館長・牧野、 学芸員・島 により設立。シンプルな構成の中に精緻な技法と近代的な要素がみられる作品を展開。
近年では造園剪定士・田中馨、税理士・イトケンらを迎え、より複雑な構造と深みのある表現の呈示・追求がなされている。
2016年10月、待望のCD作品「Little Museum of Bird」を自主レーベル「書庫」より発売し、Hei Tanakaとのスプリットカセット作品「トマデジvol.3」も次いで発売が決定。
11月には東名阪と巡る「作品発売記念巡回展」を開催する。

池間由布子
2013年8月、ミニ・アルバム『エクスキューズ、ミイ』をテニスコーツが運営するmajikickレーベルから発表。2015年1月、フル・アルバム『しゅあろあろ』を自主リリース。2016年、サードアルバム制作中~

シープリント/Sheeprint
ボーカルのヒトツヤナギを中心に結成された東京/京都の不定形バンド。アトモスフェリックな空間を演出する淡いムード、少女らしさとセンチメンタリズムを内包したヴォーカル。これまでに3枚の3inch singleをリリース。4年ぶりのライブ出演となる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon