A Winged Victory for the Sullenが新作『Iris』をリリース、国内盤にはボートラ2曲追加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

a-winged-victory-for-the-sullen-atomos-press-photo-by-scott-irvine
(Photo by Scott Irvine)

10月に初の来日公演を開催したA Winged Victory for the Sullenが新作『Iris』を〈Erased Tapes〉からリリース、来年1月13日にはボーナス・トラック2曲のダウンロード・クーポンが付属した国内盤がリリースされる。
A Winged Victory for the Sullenは、アンビエント・ミュージックの重鎮Stars of the LidのAdam Wiltzieと、ソフィア・コッポラ監督の映画『マリー・アントワネット』の音楽も手がけ、2015年にエミー賞を受賞したベルリン在住のアメリカ人ピアニストDustin O’Halloranによるプロジェクト。
今回のアルバムは、映画『イヴ・サンローラン』で知られるフランスの映画監督ジャリル・レスペールの最新作『Iris』(2016年公開フランス映画)の為に書き下ろしたスコアを編集しアルバムとしてまとめた作品で、長年のコラボレーターであるモジュラー・シンセ奏者/エンジニアのFrancesco Donadelloによるモジュラー・シンセや、Wiltzieによるギターでのアンビエント・ドローン、更にブダペスト・アート・オーケストラによる40人編成の弦楽オーケストラを迎えてのレコーディングと、これまでのサウンドを踏襲しつつも新たな試みに挑戦した意欲作。その制作を振り返って、彼らは次のようにコメントしている。

レスペール監督とこの映画は新しい挑戦を与えてくれた。わたしたちはひとつの目的として映画について考えるのをやめ、映画の映像を体験のきっかけとして使用するよう歩み寄ろうとした。自らをより解き放ち、音楽をひとつの発生物としてとらえればとらえるほど、わたしたちはどんどんじぶんたちのように聞こえる場所にたどり着くことができた。それは1stアルバムを最初からもう一度作るかのような作業だった。死のメタファーで散らかった別の言語を通してろ過されていることを除いて

現在アルバムからは2曲のストリーミングが公開中。

 

 

ERATP093CD_cover

アーティスト:A Winged Victory For The Sullen(ア・ウイングド・ヴィクトリー・フォー・ザ・サルン)
タイトル:Iris(アイリス)
レーベル:Erased Tapes
品番:AMIP-0096
価格:2,300円+税
発売日:2017年1月13日(金)
バーコード:4532813340968
フォーマット:国内流通盤CD
ジャンル:ポスト・クラシカル
販売元:株式会社インパートメント

1. Prologue Iris
2. Retour Au Champs De Mars
3. Fantasme
4. Gare Du Nord Part One
5. L’embauche
6. Le Retour En Foret
7. Metro Part Three
8. Flashback Antoine
9. Galerie
10. Le Renversement
11. Normandie
12. Comme On A Dit
*国内流通盤はボーナストラック2曲のダウンロード・コードつき


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon