BroadcastのJames CargillがChildren of Alice名義でアルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

unnamed-85-1

バーミンガム出身のエレクトロニック・バンドBroadcastのメンバーJames Cargillが、Children of Alice名義でソロ・デビュー・アルバムを2月24日に〈Warp Records〉からリリースすることが明らかになった。
Broadcastは、2011年にシンガーのTrish Keenanが死去して以来Cargillのソロ・ユニットとなり、Keenanが残したレコーディングを使用した作品をリリースする計画もあったが実質的に活動は終了している。
FACTによれば、Children of Aliceは1966年に発表されたJonathan Miller監督による「Alice in Wonderland」からインスパイアされたKeenanに捧げるプロジェクトで、Broadcastのラスト・アルバムにも参加したThe Focus Groupのメンバーでもあるグラッフィック・デザイナーのJulian House、そしてBroadcastでキーボードを担当していたRoj Stevensが制作に携わっているという。

unnamed-85-1

Children of Alice – Children of Alice

Tracklist:
01. The Harbinger Of Spring
02. Rite Of The Maypole — An Unruly Process
03. Invocation Of A Midsummer Reverie
04. The Liminal Space

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon