CANのオリジナル・メンバーJaki Liebezeitが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

16142654_1529164090450214_804470610099868868_n

60年代から70年代にかけて活躍したクラウト・ロックバンドCANのオリジナル・メンバーであり、ドラマーのJaki Liebezeitが死去した。78歳だった。
CANのオフィシャルFaceBookページおよびPitchforkによれば、Liebezeitは今月22日に肺炎により急逝したという。
CAN結成以前にはトランペット奏者Manfred Schoofのバンドに参加してたLiebezeit、その卓越したドラムテクニックは多くのアーティストに愛されていた。CAN解散後にはDrums off ChaosやClub off Chaosでも活動。また、Depeche Mode『Ultra』、Brian Eno『Before and After Science』等への参加で知られている。
今年の4月8日にはThe Can Projectとしてロンドンのバービカン・センターにて、 同じくCANのメンバーであるIrmin SchmidtやMalcolm Mooneyと共にコンサートを開催する予定だった。この公演にはSonic YouthのThurston MooreやSteve Shelleyも参加を予定していた。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon