映画『T2 トレインスポッティング』の公開を記念してUnderwolrdが限定12インチを公式サイト限定でリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

unnamed

日本での公開も発表された映画『T2 トレインスポッティング』(原題:T2: Trainspotting)。本作の公開を記念して、Underwolrdが限定12インチを公式サイト限定でリリースすることが明らかになった。
UnderworldのRick Smithは本作全体の音楽を担当しているが、今回リリースされる12インチには、前作のエンディングで起用された出世曲「Born Slippy NUXX」の最新ヴァージョンであり、続編の中でも実際に使用されるという「Long Slow Slippy」、そして新曲「Eventually But」の2曲が収録。「Eventually But」は、Underworldにとって昨年リリースしたアルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』以来の新曲であり、この12インチのみの収録になる。12インチの購入は下記リンクから。

 
Underworld – Long Slow Slippy / Eventually But 12-Inch Vinyl – TM Stores

また、『T2 トレインスポッティング』の関連ニュースとしては、オリジナル・サウンドトラックに3曲を提供しているYoung Fathersが、そのうちの1曲である新曲「Only God Knows ft. Leith Congregational Choir」を解禁している。なお、Young Fathersの起用は、映画の原作者であるアーヴィン・ウェルシュが2015年に自身とYoung Fathersの地元であるエジンバラのクリエイターについて描いたドキュメンタリー番組を制作した際、彼らに出会ったのがきっかけになったという。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon