日本最古級の劇場・長野松竹相生座ロキシーを拠点に開催される「門前映像祭」にCuusheが出演、久野遥子をVJに迎えたスペシャル・ライヴを披露

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

cuushe_desert_s

日本最古級の劇場・長野松竹相生座ロキシーを拠点に、2月4日から12日までの日程で開催される「門前映像祭」。信濃美術館の開館50週年、相生座ロキシーの創業100週年にあわせて開催されるこの映像祭では、会期中には池亜佐美によるプロジェクション・マッピングや、Vimeoを中心にウェブ上で絶大なる人気を誇るアニメーション作家集団「レイト・ナイト・ワーク・クラブ」の日本初公開の新作、TOKYO ANIMA、黒坂圭太&山村浩二特集など、本邦におけるアニメーション100周年を記念する様々なイベントが実施される。
そして初日の2月4日には〈flau〉からのリリースで知られるCuusheが、「Airy Me」のMVでコラボした作家の久野遥子をVJに迎えてのスペシャル・ライヴを披露する。また、翌5日には日本初の前衛アニメーション作家と評される荻野茂二作品のライヴスコア上映も担当する。詳細は下記リンクから。

http://www.npsam.com/exhibition/detail/monzen-ff17
http://www.naganoaioiza.com/article/15579526.html


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon