Brandt Brauer Frickの創始者Daniel Brandtがソロデビュー作を〈Erased Tapes〉からリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Daniel-Brandt-press-photo-by-Andreas-Waldschuetz-02_WEB

〈!K7〉の看板アーティストとして知られるドイツ・ベルリンのミニマル・テクノ・グループBrandt Brauer Frickの創始者であるDaniel Brandtが、ソロデビュー作『Eternal Something』を今春〈Erased Tapes〉からリリースする。
元々本作は”シンバルでアルバムを作ろう”というアイディアからスタートした。彼は全てのタイプのシンバルを揃えて、森の中の小屋に3日間籠り制作に没頭したが、その後ピアノ、トロンボーン、チェロ、ドラム、アナログシンセを導入し、クラシカルなアプローチを取り入れつつ、Steve Reich等に通じる壮大かつミニマルなトラックを作り上げていった。
現在アルバムからは収録曲「Kale Me」のストリーミングが公開中。なお、本作は日本流通盤のみボーナストラック「Pleasuredome」と「Endless Refill」の2曲がダウンロードできるクーポンが付属する。

ERATP094-cover_WEB

アーティスト : Daniel Brandt (ダニエル・ブラント)
タイトル : Eternal Something (エターナル・サムシング)
発売日 : 2017年3月24日
品番 : AMIP-0101
価格 : 2,300円 + 税
レーベル : Erased Tapes
バーコード : 4532813341019
フォーマット : 輸入盤/国内流通仕様CD
■日本流通盤のみボーナストラック2曲のDLクーポン付き

曲目 :
1. Chaparral Mesa
2. FSG
3. The White Of The Eye
4. Turn Over
5. Kale Me
6. Eternal Something
7. Casa Fiesta
8. On The Move
 
■クラブ世代へ向けたコンサートホールでの楽曲構築 – BBC Music
■イマジネーションとテクニカルな部分が高いレベルに到達している – Pitchfork
■クラシックを訓練し、ダンスフロアで学んだ健全な科学者 – The Guardian


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon