Juana Molinaが約3年半ぶりの新作を日本先行でリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

アルゼンチンはブエノス・アイレス出身の音楽家Juana Molinaが、新作『Halo』を4月28日に日本先行でリリースする。
約3年半ぶりのオリジナル・アルバムとなる本作は、彼女がブエノスアイレス郊外に所有するホームスタジオ、そしてテキサスのソニック・ランチ・スタジオにてレコーディングされた。
そのレコーディングには、彼女のライヴでもお馴染みのOdin Schwartz(オーディン・シュヴァルツ)とDiego López de Arcaute(ディエゴ・ロペス・デ・アルコート)、そして過去作でミックスを手がけたEduardo Bergalloが参加。また、ゲストとしてDeerhoofのギタリストJohn Dieterich(ジョン・ディートリック)も数曲に参加している。
通算7作目のアルバムとなる今作、彼女らしいエクスペリメンタルな方向性と独特の歌声は健在ながらも、より成熟したサウンドに仕上っているという。日本盤の詳細は以下のとおり。

■リリース情報
アーティスト: Juana Molina(フアナ・モリーナ)
タイトル: Halo(ヘイロー)
品番: HSE-6388
レーベル: Hostess Entertainment
定価 : 2,490円+税
発売日: 2017年4月28日(金) (海外発売:5/5)
※日本盤は先行発売、ボーナス・トラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

<トラックリスト>
1.Paraguaya
2.Sin dones
3.Lentísimo halo
4.In the lassa
5.Cosoco
6.Cálculos y oráculos
7.Los pies helados
8.A00 B01
9.Cara de espejo
10.Andó
11.Estalacticas
12.Al oeste
13.Vagos lagos*
*日本盤ボーナストラック


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon