The Dylan Groupが初のライヴ・アルバムをリリース、昨年開催した日本公演の音源を収録

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

The Dylan Groupがキャリア初となるライヴ・アルバムを3月10日にiTunes StoreやAmazon、Google Play、Spotify、LINE MUSIC等を通じて配信リリースすると発表した。
昨年再結成し来日公演も実現した彼ら、20周年記念アルバムでもある今回のライヴ盤には、その日本公演の模様が収められており、その中には2曲の未発表の新曲や多数のライヴ初演奏曲が含まれている。
発表されたトラックリストとAdam Pierce本人によるアルバム解説は以下より。

◾アダム・ピアース自身によるアルバム解説

1996年にディラン・グループはファースト・アルバム『It’s All About (Rimshots & Faulty Wiring)』をリリースした。とてもエクスペリメンタルで、ドラムとヴィブラフォンをベースにした冒険的な宅録アルバムで、ワールドワイドで複数プレスされたレコードは瞬く間にソールド・アウトとなった。創立メンバーのアダム・ピアースとディラン・クリスティに二人のメンバーが加わり、4人組のライヴ・バンドとして大規模なツアーが始まった。 そしてアダムとディランがギアをスイッチしてマイス・パレードのツアーを始める前に、 もう2枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。

ファースト・アルバムのリリースからちょうど20年後、2016年の春、ディラン・グループは限られたリユニオンのライヴのために、また「再結成」された、またその音楽は、スキルアップした熟練のミュージシャンにより演奏された、今までにないほど自由なものだっ た。スリリングで、ルーズで、時に楽しく、観客は心地よく踊る。『Regrouped: Live in Tokyo』はこれらの魅力的なパフォーマンスのひとつをレコーディングしたものだ。

このアルバムにはリリースされていない新曲が2曲収録されている。「A Hue From the Land of Plinky」と「Back In My Day」だ。これらは2001年に行われたファイナル・ツアーの間に、サウンドチェックのインプロヴィゼーションから作られていったもので、リユニオンのライヴのためのリハーサルまで忘れ去られていたものだった。しかし古いライヴ・テープを聴いた時、「ああ、僕らはこんな曲があったことを忘れてたよ、でもすごく面白い! これを演奏しよう!」となった。加えて、本作の2曲目である「Bittersweet」は、ライヴで今までに一度も演奏したことのない曲だ。これはファースト・アルバムの1曲目に収録されていて、バンドが今までに作った最も興味深いスタジオ・レコーディングのひとつのはず。でもファンは今までに 「Bittersweet」がライヴで演奏されたのを聴いたことがないんだ。

ディラン・グループを初めて日本に呼んだのはアフターアワーズだった。90年代後半から 2000年初頭にかけて、とても成功したツアーをアレンジしてくれた(ほとんどの外国のインディ・バンドが通常、演奏する機会がある場所より以上に、日本国中の多くの場所で、 ある時は10日間にも渡ってツアーした)。だからディラン・グループにとって、このリユニオン・ツアーをアフターアワーズと共に行うことは自然なことだった。

2016年の春、東京でもうひとつの20周年があった。それは素晴らしいライヴハウス、渋 谷O-Nestである。ディラン・グループの20周年記念アルバムである『Regrouped: Live in Tokyo』は、O-Nestの20周年祭の間にO-Nestにてレコーディングされた。なんてパーフェクトなんだろう。

そしてもうひとつ。このツアーのために、ディラン・グループはUKの「ダブ・ウォーリアー」、僕らの偉大な友人である、ブランドン・ナイツ(リー・ペリー、ソウルIIソウル、レヴォリューショナリー・ダブ・ウォーリアーズ、マイス・パレード)をライヴ・サウンド・ミキサーとして同行した。彼独自のインプロヴィゼーション、ダブ・ディレイ、 そしてスウィープをこのアルバムのいたるところで聴くことができる、素晴らしいエフェクトとして。

label number : AH-139
release : 2017.3.10
format : DIGITAL (iTunes/Amazon/Google/Spotify/LINE MUSIC、他)

■2016年の日本公演を収めた、バンド自身初のライヴ・アルバムを配信リリース。
◾新曲未発表曲(2曲)、ライヴ初演奏のナンバーも多数収録。

Tracklist
1. The Pipes (Live)
2. Bittersweet (Live)
3. A Hue From the Land of Plinky (Live) * 4. Back In My Day (Live) *
5. The Crunch (Live)
6. Sandcastles (Live)
7. The Road I Know (Live)
8. Some Kind of Lullaby (Live)
9. Let It Sit (Live)
10 Avila (Live)
*は新曲未発表曲

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon