Tara Jane O’Neilが通算9作目のソロ・アルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Tara Jane O’Neilが通算9作目のソロ・アルバムとして、セルフタイトル作品『Tara Jane O’Neil』を〈Gnomonsongs〉からリリース。二階堂和美の作曲した「のりおりて」をボーナストラックとして追加収録した日本盤が4月15日に〈Sweet Dreams Press〉よりリリースされる。
セルフタイトルを冠し、シンガー・ソングライターとしての成熟に自信のほどを窺わせる本作、そのレコーディングは、半分の作業がシカゴにあるWilcoのロフト・スタジオにて、WilcoやAndrew Birdなどの作品に関わるMark Greenberg(ex-The Coctails)を迎えて行われ、その後ロサンゼルスにある自宅スタジオにて仕上げられた。ゲストとして、Chris Cohen(ex-Deerhoof)、My Morning JacketのフロントマンJim James、Nels Cline SingersのDevin Hoff、Wilder Zoby等多彩なミュージシャンも参加している。
現在アルバムから収録曲「Laugh」のストリーミングが公開中。

タイトル:タラ・ジェイン・オニール(Tara Jane O’Neil)
カタログ番号:SDCD-033
発売日:2017年4月15日
パッケージ:A式紙ジャケット(ダブル)/ブックレット(歌詞対訳掲載)
オリジナル・レーベル:米 Gnomonsongs
ライナーノーツ:中村佑子(映画『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』監督)
定価:¥2,000+税

1. Flutter 2. Blow 3. Sand 4. Joshua 5. Kelly 6. Laugh 7. Cali 8. Purple 9. Pink 10. Great 11. Metta 12. のりおりて(作:二階堂和美|日本盤ボーナス・トラック) 計12曲収録

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon