Luke Vibertが新作『Luke Vibert presents UK Garave Vol. 1.』を5月にリリース、同月来日ツアーも開催

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

イギリス・コンウォール出身のプロデューサーLuke Vibertがニュー・アルバム『Luke Vibert presents UK Garave Vol. 1.』を5月に〈Hypercolor〉からリリースすると発表した。このリリースにあわせて5月にはジャパン・ツアーの開催が早くも決定。大阪は個性派パーティー「MIDI_sai」の復活祭として、東京はUKクラブミュージックに強く影響を受けたPortal主宰の イベント「Soundgram」の5周年パーティーとしての開催となる。ツアー概要は以下のとおり。


2017.05.05(FRI) at CIRCUS OSAKA
MIDI_sai presents Luke Vibert new album”UK Garave Vol. 1.”Release Tour 2017 in Osaka

Live: Luke Vibert , KA4U and more…

OPEN: 21:00 ADV: 2500yen DOOR: 3000yen
TICKET: http://ptix.co/2mveKHp


2017.05.06(SAT) at CIRCUS TOKYO
Soundgram Presents Luke Vibert new album “UK Garave Vol. 1.” Release Tour 2017 in Tokyo

Live: Luke Vibert , Portal and more…
OPEN: 23:00 ADV: 2500yen DOOR: 3000yen
TICKET: http://ptix.co/2muVM3H

Luke Vibert
イギリスの南西端に位置する半島コンウォール出身のプロデューサー/DJ。90年代初期に 友人であったJeremy SimmondsとのコラボレーションVibert / Simmonsで地元の〈Rephlex〉よりデビュー、サンプリングとリズム・マシーンを駆使したトラックを量産し、Wagon Christ (ヒップホップ / ブレイクビーツ)、Plug / Amen Andrews (ジャングル / ドラムンベース)、Kerrier District (ハウス / ディスコ)、Ace Of Clubs (アシッド / テクノ)といった様々な名義で90年代よりUKのエレクトロニック・ミュージック代表するレーベル、〈WARP〉、〈Ninja Tune〉、〈Rephlex〉、〈Planet Mu〉からアルバムをリリース、UKクラブ・ミュージックのハイブリッドなサウンドとユーモアを体現した数々のヒットを生み出してる。デビュー当初よりジャンル、シーン、レーベルに属することを嫌い、またトレンドに染まることなく、ヒップホップやブレイクビーツの感性を軸に我が道を突き進む、現在もUKを代表する唯一無二のアーティストとして健在。2017年5月待望のニューアルバム”Luke Vibert presents UK Garave Vol. 1.”をHYPERCOLORからリリース決定!
https://hypercolour-records.bandcamp.com/


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon