廃盤化していた音響エレクトロニカの名盤Nuno Canavarro『Plux Quba』が再発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ポルトガルの音楽家Nuno Canavarroが1988年にリリースし長らく廃盤化していたエレクトロニカの名盤『Plux Quba』が今月再発売された。
『Plux Quba』はポルトガルのローカル・レーベル〈Ama Romanta〉からリリースされたため当初は、ごく一部のリスナーに聴かれるのみだったが、やがてJim O’Rourkeの耳にとまり1998年に〈Drag City〉傘下のO’Rourkeのレーベル〈Moikai〉を通じて再リリースされ、当時盛り上がっていたエレクトロニカ~音響シーンを予見する作品と再評価され、隠れた名盤として知られるようになった。その後再び廃盤化していたが、今回2度目の再発売となった。
現在SoundCloudでは収録曲「Crimine」のストリーミングが公開中。

発売日:2017 年 3 月 19 日(日)
商品番号:PDIP-6569
アーティスト:Nuno Canavarro
タイトル:Plux Quba
フォーマット:国内盤 CD
本体定価:2,300 円 + 税
バーコード:4532813535692
レーベル : p*dis / Inpartmaint Inc.
ジャンル : NEW AGE / ELECTORONICA
■ライナーノーツ付き(解説:松村正人)

収録曲:
1. (Untitled)
2. Alsee
3. O Fundo Escuro De Alsee
4. (Untitled)
5. (Untitled)
6. (Untitled)
7. (Untitled)
8. Wask
9. (Untitled)
10. Wolfie
11. Crimine
12. Bruma
13. (Untitled)
14. Cave
15. (Untitled)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon