Song Premiere: Kumisolo – Pop Girl

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Kumisoloはパリを拠点に活躍したポップ・バンドThe Konki Duetのメンバーでもあった岡本久実によるソロ・プロジェクト。本格的な活動はThe Konki Duet解散後に始まり、これまでにEdBanger主宰のフェスティバル「STEREOKIDS」やSONAR主宰の「SONARKIDS」といった様々なフェスへの出演、Rinse FMでのレギュラー、世界初のAI作曲のコンサートやTokyo Crazy Kawaii Parisでのパフォーマンス、Shu UemuraやLe Coq Sportifを始めとするファッション・ブランドとのコラボなどに取り組んできた。のびやかでありつつもどこかノスタルジック、その普遍性を持ったポップネスはRyan HemsworthやMomusといったアーティスト達からも賞賛されている。
今回紹介する「Pop Girl」は、Kumisoloが4月5日に〈flau〉からリリースする『KABUKI FEMME FATALE』の収録曲。4月25日には、この曲を冠した凱旋ライヴ(詳細)も決定している。

(「Pop Girl」について)

ツウィッギー、ダイアナロス、マリアンヌフェイスフル、クロディーヌロンジェ、アストリッドジルベルト、オードリーヘップバーン、フランソワーズアルディ、私の好きな60年代の女性が凝縮された曲です。お化粧をしながら男の子を待っているけれど、嘘の自分を見せるより、お化粧は落として素顔であなた自身の自由を取り戻しましょ、というメッセージも込められています。 - Kumisolo

■ Kumisolo『KABUKI FEMME FATALE』

タイトル:KABUKI FEMME FATALE
アーティスト:Kumosolo
発売日:2017年4月5日
CAT#: FLAU63
Format: LP/CD/Digital

tracklist:

01. Voyage
02. Pop Girl
03. Jungle Lady
04. Kung-Fu Boy
05. La tête ailleurs
06. Pico Pico Robot Woman
07. Kabuki Femme Fatale
08. Automne Joli
09. Ping Pong Machine
10. Tous Les Jours
11. Cha Cha André (CD Bonus Track)

Kumisolo(クミソロ):
The Konki Duetのメンバーとして活躍したパリを拠点に活動する岡本久実のソロ・プロジェクト、つまりクミソロ。フレンチかぶれのデュオCrazy Curlのメンバーとしてデビュー後に渡仏。フランスのエレクトロニック・ミュージックの名手O.LammやHypoらが参加のファーストアルバム「My Love For You Is A Cheap Pop Song」をflau/active suspenssionより、JETSETからYacht、ムーグ山本らのリミックスを収録した12”をリリース。The Konki Duetが解散後、ソロ活動も活発化。EMI FRANCEとメジャー契約後に2枚のEPをリリース。ヴィジュアル・アーティストShobo Shoboとの「Kumisho」でEdBanger主宰のフェスティバルSTEREOKIDSやスペインの世界的フェスティバルSONAR主宰のSONARKIDSへの出演、Ryan HemsworthによるネットレーベルSecret Songsへの参加、Rinse FMでのレギュラー出演やWEB TV「Konbini」でのビデオプロジェクト「Bento Box」、世界初のAI作曲のコンサートやTokyo Crazy Kawaii Parisでのパフォーマンスなど幅広い活動を見せている。初期にはDIY精神に溢れたビデオクリップをYouTube上で多数発表し、Shu UemuraやLe Coq Sportifなどファッション・ブランドとのコラボレーションも多数。今春9年ぶりとなるセカンドアルバム「Kabuki Femme Fetale」をMusette率いるスウェーデンのエキゾチカ・バンドJoe Davolazの全面プロデュースにより、flauよりリリース予定。ライブではフランスで大人気のアーティストFishbachのバックを勤めるベーシストNicolas Lockhart、日本でもおなじみTahiti80のドラマーRaphaël LégerらによるKung-Fu Boysがバックを固める。4月末には東京での凱旋ライブを予定。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon