「Reason」が9.5にバージョン・アップ、VST互換機能を実装

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

スウェーデンのPropellerhead社が開発するWindows/Mac用の統合型ソフトシンセ「Reason」が現在の9から9.5へのバージョンアップを発表。これまで外部規格との互換性がなかった「Reason」が、今回のバージョンアップによりVST互換となる。
ライセンスの配布開始日は、5月29日から、「Reason 9」「Reason Essentials 9」を登録しているユーザーは、無償アップグレードの対象となる。
なお、日本時間で本日28日20時よりPropellerheadの本国ウェブサイトにて「Reason 9.5 β版」テストの案内が開始されている。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon