The Pains of Being Pure at Heartがニュー・アルバムを7月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Kip Berman率いるニューヨーク出身のノイズ・ポップバンドThe Pains of Being Pure at Heartが、ニュー・アルバム『The Echo of Pleasure』を7月14日に自主レーベル〈Painbow〉からリリースする。
2014年にリリースした『Days of Abandon』に続く通算4枚目のオリジナル・アルバムとなる本作は、前作同様Andy Savoursをプロデューサーに迎えた他、こちらも再参加となるA Sunny Day in GlasgowのヴォーカリストJen Gomaや、ベーシストのJacob Danish Sloan、更にBeirutやDavid Byrneの活動にも関わるブラス奏者のKelly Prattもレコーディングに加わっている。
今回の発表にともない、アルバムからは収録曲「Anymore」が先行公開中。なお、Pitchforkによると、バンドは本作のリリースにあわせたワールド・ツアーの開催も予定しているという。日程は秋の公演まで発表されているが、今のところ日本公演は発表されていない。

The Pains of Being Pure at Heart – The Echo of Pleasure

Tracklist:
01 My Only
02 Anymore
03 The Garret
04 When I Dance With you
05 The Echo of Pleasure
06 Falling Apart So Slow
07 So True
08 The Cure for Death
09 Stay


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon