Oneohtrix Point Neverがカンヌ国際映画祭でサウンドトラック賞を受賞

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon


Credit: Tim Saccenti 2017

Oneohtrix Point Neverが音楽をてがけた映画『Good Time』が、現在開催中のカンヌ国際映画祭にて、カンヌ・サウンドトラック賞を受賞した。
同賞の候補には他にJonny GreenwoodやJed Kurzel、Ibrahim Maalouf等が関わった作品の名があがっていた。
『Good Time』は2014年の東京国際映画祭にてグランプリと最優秀監督賞の2冠に輝いた映画『神様なんかくそくらえ』を手がけたジョシュア&ベニー・サフディ監督が手がけた作品で、『トワイライト』シリーズで知られるロバート・パティンソンや、クエンティン・タランティーノ監督作『ヘイトフル・エイト』のジェニファー・ジェイソン・リーが出演し、第70回を迎えるカンヌ国際映画祭2017のコンペティション部門で上映された、クライム・スリラー作品。
公開されているトレイラー中で聴くことができる「The Pure And The Damned」には、Iggy Popも参加している。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon