HMV限定発売のコンピ『幻の湖』にColleen、Submerse、Kuedo、Visible Cloaks、hakobune等が参加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

橋本忍監督の同名映画にインスパイアされてHMV立川店内に誕生したサイケデリック/ポップ/チル/メロウ/フレッシュをキーワードにしたセレクト・コーナー『幻の湖』。
その『幻の湖』的な視線でセレクトされたチルアウト・ミュージックのコンピレーションが4月6日よりHMV限定で販売される。
トラック提供アーティストは、Inner Science、Visible Cloaks、Kuedo、Suzanne Kraft、Submerse 、Colleen、Eric Chenaux等。
エクスクルーシヴ・トラックとしてhakobuneによる未発表書き下ろし曲も収録される。ロゴ&ジャケットアートはnoiseが手がけた。

発売日:2017年4月6日
タイトル:幻の湖 – Lake of Illusions –
アーティスト:V.A.
フォーマット:CD / カセット
品番:CD : IPM-8069 / カセット:IPM-8070
価格:CD 2180円+税 / カセット 1300円+税
【選曲・監修】寺町知秀(HMV / 幻の湖)

<トラックリスト>
1.hakobune / Fleuve <*Previously unreleased track>
2.En / The Sea Saw Swell
3.Inner Science / Between Whiles (Beatless version)
4.Visible Cloaks / Screen
5.Kuedo / Reality Drift
6.Suzanne Kraft / One Amongst Others
7.CEP / Lillian’s Pavilion
8.Suso Saiz / The Guardian
9.Submerse / Buildingblocks.Insert
10.Francis Bebey / Rwanda
11.Emahoy Tsegué-Maryam Guèbrou / Mother’s Love
12.Colleen / Breaking Up The Earth
13.Eric Chenaux / Spring Has Been a Long Time Coming
14.Directorsound / Pork and Honey

湖の底を覗み、その底を渡る橋を見つけて
ひとつひとつかぞえる そんなアルバムです
水音のように、私をとても落ち着かせてくれました
m-11のMother’s Loveは大好きな曲です
嶺川貴子

『幻の湖』にはアンビエント/ポップの構造を持つ音の世界でたくさんの可能性を探求
するような、とてもユニークで楽しい曲が揃っている。
空間とサウンドが完璧なバランスだ。
マーク・マグワイヤ(ex.エメラルズ)

カセットはいいね。A面を夢見がちに湖を漂うようにふわふわと聞いていると、次B面
の頭から自然と聞くことになる。巻き戻しや早送りなんて野暮なことはしない。そし
てB面には幻と生身の間でゆるゆると渦を巻くように昇天してゆく自分じゃない自分が
いるのじゃ。この流れ、めちゃいいね!
ゑでぃ(ゑでぃまぁこん)

永遠のロマンがここにある。今すぐ包丁持って走り出さなくちゃ!幻の湖発足おめでと
うございます。
まぁこん(ゑでぃまぁこん)

かつてカルロス・ニーニョのミックスCD『Ocean Swim Mix』を初めて耳にした時に感
じた、何ともいえない不思議な感覚を思い出した。微睡みのような心地よさと、幻想
と瞑想が入り交じる世界観。これぞ“ソフト・メディテイション・ジャーニー”、蜃気
楼と陽炎に溶け込む音楽。共感できるけど、実はなかなか出来ない素晴らしい選曲。
山本勇樹(Quiet Corner)

日本映画史上、類を見ない最狂のキメラ映画が公開されて(そして3週間弱で打ち切ら
れて)35年が経つ。まさか今になってその正当な血を受け継ぐ作品が、映画界ではなく
音楽界から誕生するとは思いもよりませんでした。14もの異なる細胞がひとつの個体
の中をたゆたうのに身を任せていると、いつの間にか琵琶湖から大気圏外に飛び出し
てた。そんな幻のような心地です。
波田野州平(映画監督)

収録楽曲について必要最小限の情報だけで構成されたジャケットを眺めて、このコン
ピレーション・アルバムのコマンド「探索せよ」を受け取る。そして、その途上で出
くわすだろう「迷う」楽しみも。前世紀から続くクリエイティブ・リスニングとでも
言えそうな嗜みへと向かわせる誘い水、水面はキラキラと光を反射させながら、しか
し、その底のほうで大きなうねりのようなものに通じる感覚は『幻の湖』としか名付
けようがないものだけど、ここからリスナーひとりひとりそれぞれの続編に旅立って
いくよう促すような力も静かに勇ましい一枚です。
福田教雄(Sweet Dreams Press)

<HMV内特集ページ>
http://www.hmv.co.jp/fl/4/1224/1/


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon