テクノロジーと芸術表現の新たな関係性を切り開くワークショップシリーズ「Resonance」がスタート、第1回講師はevala 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

テクノロジーと芸術表現の新たな関係性を切り開くワークショップシリーズ「Resonance」の第1回が7月15日と16日にMI7 JapanのmEx-Loungにて開催される。
先駆的な表現を行うアーティストによるワークショップを通じ、テクノロジーと芸術表現の新しい関係性を考察するプロジェクトとしてスタートするのがこの「Resonance」。第1回講師は「耳で視る」をテーマとしたサウンドVRによるインスタレーション作品を発表し、国内外でインスタレーションやコンサートの上演を行い、文化庁メディア芸術祭や、アルスエレクトニカ、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル等多数の受賞歴を持つ音楽家/サウンドアーティストのevalaが担当する。

ワークショップ概要

・講 師 evala(音楽家、サウンドアーティスト)

・日 時 2017 年 7 月 15 日、16 日 10:00-18:00(2 日間)

・会 場 MI7 Japan mEx-Lounge(Music Exchange Lounge)
東京都港区赤坂 2-22-21

・定 員 12 名

・受講料 一般 30,000 円(税込)、学生 10,000 円(税込)

・お申込み方法
ご参加希望の方は Web ページ(http://resonance-artproject.com/)からエントリーをお願い致します。

・主催 Resonance


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon