1870年代にアメリカで起きた中国移民排斥運動に関連した事件を扱ったドキュメンタリー『Massacred For Gold』の劇中音楽をTim Heckerが担当

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今月ニュー・アルバム『Virgins』をリリースしたばかりのTim Heckerだが、彼が『Massacred for Gold』というタイトルのドキュメンタリー映画の為に音楽を制作していることがPitchforkの報道で明らかになった。

このドキュメンタリー映画はR. Gregory Nokesという作家が書いた同名の本を基に制作されたもので、1870年代にアメリカで起きた苛烈な中国移民排斥運動の中で発生したオレゴン州での中国人鉱山労働者の虐殺について迫っている。

『Massacred for Gold』は11月7日から17日にかけてデンマークで開催されるCopenhagen International Documentary Film Festivalで初上映される予定で、現在下記掲載のプレイヤーからトレイラー映像を見ることが出来る。

Virgins(ボーナストラック1曲のダウンロードクーポン付)
Tim Hecker
p*dis (2013-10-17)
売り上げランキング: 1,811

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon