Lou Reedが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Lou Reedが10月27日にニューヨークで死去した。71歳だった。今年5月に肝臓の移植手術を受けており、その合併症が原因と最新の発表で明らかにされている。

Lou Reedは1942年ニューヨーク・ブルックリン生まれ。1965年にJohn Cale等と結成したThe Velvet Undergroundでヴォーカルとギターを担当しほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がけ、The Velvet Undergroundの中心人物として3枚のスタジオ・アルバムをリリース。
1970年にバンドから脱退した後はソロとしての活動を本格的に開始し、1972年にはソロ・デビュー・アルバム『Lou Reed』を発表。以降も多くのソロ・アルバムを発表し、数多くのミュージシャンに影響を与えた。
2011年にはMetallicaとのコラボ・アルバム『Lulu』を発表しており、これが彼の最後の作品となった。

 


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon