Jonny GreenwoodがAustralian Chamber Orchestraの為に新たなスコアを制作

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

RadioheadのギタリストであるJonny GreenwoodがAustralian Chamber Orchestraの為にスコアを書いていることが明らかになった。Consequence of SoundによればJonnyは昨年Radioheadのツアーが終了した後に「Water」と名付けられたその曲をオーストラリア・シドニーのスタジオで書き始めたそうだ。また、Jonnyはツアー後にインドを旅しておりそこからも多くの影響を受けたとコメントしている。「Water」は来年オーストラリアで初演される予定だ。

こちらは2011年5月にJonny作曲の「Doghouse」をニューヨークでWordless Music Orchestraが演奏した際の映像。

Penderecki & Greenwood: 48 Responses to
Penderecki & Jonny Greenwood
Nonesuch (2012-03-19)
売り上げランキング: 16,367
ボディソング ミュージック・フロム・ザ・フィルム
ジョニー・グリーンウッド
EMIミュージック・ジャパン (2003-11-27)
売り上げランキング: 185,332

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon