Kakkmaddafakkaの新作『Six Months Is A Long Time』の国内盤がボーナス・トラックを追加して今週発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

兄弟や学生時代からの友人で構成されたノルウェー・ベルゲンを拠点に活動する大所帯のインディー・ポップ・バンドKakkmaddafakkaの新作『Six Months Is A Long Time』の国内盤がボーナス・トラックを追加して今週4日にTugboat Records/P-VINEからリリースされた。

2011年にリリースした『Hest』に続く通算3枚目のオリジナル・アルバムである本作『Six Months Is A Long Time』は、前作に引き続きKings of ConvenienceやThe Whitest Boy Aliveのメンバーであり、ソロ・アーティストとしても活動している彼ら同様ベルゲン出身のアーティストErlend Øyeがプロデュースを担当した。なお、本作は海外ではそのErlend Øye等が主宰するレーベルBubbles Recordsからリリースされている。
ミュージック・ビデオも公開されている「Someone New」や「Young」のように軽やかな陽的なポップ・ソングもあれば「Lie」のように少しビターでメランコリックな楽曲もあり、全編を通じて持ち前のメロディーの良さが際立った良質なポップ・アルバムに仕上がっている。
トラックリストと前述のMVは以下より。また、彼らのFaceBookページでは収録曲の1つ「No Song」がフリーダウンロード公開されている。

 

Kakkmaddafakka – Six Months Is A Long Time

01. Young
02. Someone New
03. Lie
04. Forever Alone
05. Saviour
06. Bill Clinton
07. No Song
08. Female Dyslexic
09. Never Friends
10. Gangsta No More
11. All About You
12. Someone New (Roosevelt Rmx) *Bonus Track for japan

シックス・マンス・イズ・ア・ロング・タイム
カックマダファッカ
Pヴァイン・レコード / Tugboat Records (2013-12-04)
売り上げランキング: 74,592

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon