Zbigniew Karkowskiが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

近年は東京を拠点に活動していたポーランド人の現代音楽家Zbigniew Karkowskiが膵臓がんの為、今月55歳で死去していたことが明らかになった。病の診断を受けたのは10週間前だったそうだ。
彼が亡くなったことを伝えたのは、彼と数多くコラボし、昨年もコラボ作品『Nerve Cell_0 – For Cello And Computer』を共に制作しリリースしたチェロ奏者のAnton LukoszeviezeのTwitterだった。

1958年にポーランド・クラクフで産まれた彼は、音楽家の道に進むためにスウェーデンとオランダの大学で音楽や作曲、そしてコンピューターを用いた作曲の為の技術を学び、その後ヨーロッパからアメリカ、そして日本へと拠点を次々と移しながら世界各国を巡って膨大な数の作品を発表。更にAubeやFrancisco López、Jim O’ Rourke、Xopher Davidson、Helmut Schaefer、Daniel Menche、Francisco Lópezなど数多くの実験音楽家とコラボしてきた。今年になってからはXopher Davidsonとのコラボ作品『Processor』やLars Akerlund、Jean-Louis Huhtaとのコラボ作品『Horology』をリリースしていた。(via FACT Magazine)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon