Beyoncéのニュー・アルバムをプロデュースしたミステリアスな新人アーティストBoots

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Beyoncéが昨日突如リリースしたニュー・アルバム『Beyoncé』に収録されていた楽曲のうち4曲に作曲者としてクレジットされていたBootsという聞き慣れない人物に注目が集まっている。

disco naïvetéによるとこの人物は男性で、Beyoncéの夫であるJay ZのレーベルRoc Nationと6ヶ月前にサインしたばかり。更に彼のFaceBookページによれば、彼は『Beyoncé』に4つのオリジナル曲を提供しただけではなく、『Beyoncé』の”85″パーセントのプロデュースをおこなったそうだ。その作業には昨年のほとんどが費やされたという。

現在彼のSoundCloudでは『Beyoncé』に収録された「Haunted」の彼の歌唱によるヴァージョンが公開中。このトラックがアップされた時期は彼がRoc Nationとサインした時期と一致している。(via Consequence of Sound, disco naïveté)

Update: Complex及びNew Times Broward Palm Beachの記事によると、彼の本名はJordy Asherといい、Roc Nationとサインする以前はBlondsやYoung Circles、Blond Fuzz、Stonefoxといったバンドでフロントマンを務めていた人物で間違いないようだ。

ライフ・イズ・バット・ア・ドリーム [DVD]
SMJ(SME)(D) (2014-01-22)
売り上げランキング: 1,488

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon